シラバス参照

科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
AE321/教育心理学 2
(Psychology in Education 2) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
学習実践の心理学 
担当者 (Instructor) 石黒 広昭(ISHIGURO HIROAKI) 
学期 (Semester) 秋学期(Fall Semester) 
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
EDU2700 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  



授業の
目標
Course
Objectives
学校を中心とした現在の子どもたちが置かれた学習実践を批判的に検討し、子どもたちの発達支援に結びついた学習実践のデザインを構想できるようになること。
 
授業の
内容
Course
Contents
ビデオ映像をはじめさまざまな形で提示される学習実践事例を通して子どもたちの未来の学習と発達のあり方について心理学的な理解を目指す。現在の子どもたちの学習環境はどのようなものであろうか。それはそれぞれの子どもが自らを肯定し、積極的に社会参加することを促すようなものになっているのであろうか。この授業では、まず前半で(1)子どもたちの学校を中心とした現在の学習状況、特に課題となる事項(差別やいじめ、自尊心の低下、アイデンティティの困難等)を検討し、後半では(2)既に日本でも実施され、揺籃期にあるアートを生かした先進的で革新的な学習実践を紹介する。これらを通して子どもの発達に資する学習環境のデザインを受講者それぞれが描いてほしい。
 
授業計画
Course
Schedule
1. 学習実践の現状(1)
 
2. 学習実践の現状(2)
 
3. 学習実践の現状(3)
 
4. 多様性の時代の学習実践課題(1)
 
5. 多様性の時代の学習実践課題(2)
 
6. 多様性の時代の学習実践課題(3)
 
7. 多様性の時代の学習実践課題(4)
 
8. 学習実践の革新(1)
 
9. 学習実践の革新(2)
 
10. 学習実践の革新(3)
 
11. 学習実践の革新(4)
 
12. 学習実践の革新(5)
 
13. 学習実践の革新(6)
 
14. これからの学習実践のデザイン 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
授業内で文献を紹介することがあるが、それ以外にも関連する文献を図書館などで調べ自主的に読んでおくことが望まれる。授業で取り上げた内容を他の履修者と議論して深めるのがよいだろう。現状の学習実践の課題を理解するためには参考文献を事前に読んでおくことが望ましい。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
レポート試験(Report Exam) 100  %  
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 石黒広昭  子どもたちは教室で何を学ぶのか   東京大学出版会  2016   
2. 佐伯・佐藤・宮崎・石黒  心理学と教育実践の間で   東京大学出版会  2013   
その他(Others)
2018年度4月以降に、石黒編著のこの授業の内容に関連した新しい本(新曜社)が出版される予定である。こちらも是非参考にしてほしい。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
http://www2.rikkyo.ac.jp/web/ishiguro/ 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP