シラバス参照

科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
AF202/社会科教育論
(Education of Social Studies) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
教養としての社会科教育 
担当者 (Instructor) 和田 悠(WADA YU) 
学期 (Semester) 春学期(Spring Semester) 
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
EDU2700 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  



授業の
目標
Course
Objectives
①社会科という教科の理論的枠組み(歴史、目的、方法)について基本的な知識を獲得することで、教科の意義と課題を把握することができる。②ヘンリー・ジルーの言うところの「変革的知識人としての教師」にふさわしい社会科の批判的教授法について、社会科の討論授業の経験に学ぶことでそれを具体的に構想できるようになる。 
授業の
内容
Course
Contents
①戦後教育と社会科教育の歴史的展開について、学習指導要領の歴史的変遷や教科書をめぐる諸問題に照準を合わせて検討する。②戦後の民間教育運動のなかで蓄積されてきた社会科の討論授業とそこでの学力形成について、実践記録を手がかりに考察する。 
授業計画
Course
Schedule
1. オリエンテーション 
2. 戦後教育と社会科教育の歴史(1) 
3. 戦後教育と社会科教育の歴史(2) 
4. 戦後教育と社会科教育の歴史(3) 
5. 社会科の学習指導要領(1) 
6. 社会科の学習指導要領(2) 
7. 社会科の学習指導要領(3) 
8. 社会科教育をめぐる論点(1) 
9. 社会科教育をめぐる論点(2) 
10. 小学校・社会科の討論授業と学力形成 
11. 中学校・社会科の討論授業と学力形成 
12. 高校・日本史の討論授業と学力形成(1) 
13. 高校・日本史の討論授業と学力形成(2) 
14. 授業全体の振り返りとまとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
文部科学省のWebサイトにアクセスし、「学習指導要領」をはじめとして、社会科教育に関する情報を入手し、自主的に理解を深めておくこと。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
レポート試験(Report Exam) 70  %  
平常点(In-class Points) 30  %
コメントペーパーの内容や講義で課せられる課題の提出(30%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 加藤公明  『考える日本史授業4』   地歴社  2015  978-4885272271 
その他(Others)
テキストはレポート課題の必読文献であり、授業全体の理解を深めるために必ず入手すること。
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
受講者の問題関心や受講者数に応じて授業計画を一部変更する場合がある。テーマに「教養としての社会科教育」を掲げた。教科教育の一つである社会科教育について、既存の社会科教育学の枠組みを捉え返し、広い社会的・歴史的な文脈のなかに位置づけることで、市民学としての社会科教育を講じる予定である。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP