シラバス参照

科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/入門演習 J1b
(Introductory Seminars J1b) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
「教育」とは何か 
担当者 (Instructor) 石黒 広昭(ISHIGURO HIROAKI) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 水曜日(Wed) 1時限(Period 1) 6209(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
EDU1710 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) AE012 



授業の
目標
Course
Objectives
大学生に必要とされる基本的な学術リテラシーを身に着つけ,教育について多様な学問領域から専門的に学ぶ。 
Students will become skilled in the basic academic literacy required for university, and carry out specialized learning from the diverse academic discipline of education. 
授業の
内容
Course
Contents
(1)大学での知的生活の意義の理解:学生各自の多様な教育体験と教育への関心を紹介しあい,大学で学ぶ意義を理解し,自分の将来に向けての問題関心を醸成する。
(2)文献読解と要約の仕方の獲得:教員の用意したさまざまな文献を読解し,長めの論文でも要約できる力をつける。
(3)活発にディスカッションする力の養成:大学では高校までと異なり,クラス内でのディスカッションが大きな意味を持つ。傍観者にならず,積極的に発言し,他者の意見に応答する力をつける。
(4)基本的なレポートの作成方法の獲得:文献をテーマとしたレポートを作成する方法を獲得する。 
(1) Students will understand the significance of intellectual life: Each student will introduce their diverse education experiences and how they became interested in education among his/her colleagues. Students will understand the significance of learning in university, and develop an interest in issues that affect their future.
(2) Students will acquire the skills of reading literature and summarizing: Students will read various literature prepared by the instructor, and will gain the ability to summarize even long papers.
(3) Developing active discussion skills: University is different from high school, and in-class discussions have great importance. Students should not be mere bystanders, but will actively speak out. They will gain the ability to respond to others’ opinions.
(4) Students will acquire the ability to compose a basic report: they will learn methods for writing a report based on a theme from the literature. 
授業計画
Course
Schedule
1. イントロダクションと自己紹介 
2. イントロダクションと自己紹介 
3. 文献検討とレポート作成指導 
4. 文献検討とレポート作成指導 
5. 文献検討とレポート作成指導 
6. 文献検討とレポート作成指導 
7. 文献検討とレポート作成指導 
8. 文献検討とレポート作成指導 
9. 文献検討とレポート作成指導 
10. 文献検討とレポート作成指導 
11. 文献検討とレポート作成指導 
12. 文献検討とレポート作成指導 
13. 文献検討とレポート作成指導 
14. 総括 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
事前文献学習とレポート作成準備 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
最終レポート(Final Report)(40%) 、授業活動(討論への参加など)(60%)
備考(Notes)
授業内討論のため出席が重視される。 
テキスト
Textbooks
テキストについては、各演習開始後授業内で指示する。
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
学期末に最終レポート(3000字以上)作成が課される。このレポートを提出しない場合には履修放棄として扱われる。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP