シラバス参照

科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/教育史 1
(History of Education 1) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
歴史の中から教育が見える 
担当者 (Instructor) 前田 一男(MAEDA KAZUO) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 金曜日(Fri) 2時限(Period 2) A203(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
EDU2700 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) AE094 



授業の
目標
Course
Objectives
現在の教育状況が、近代日本の歴史的な展開の上に成り立っていることを理解し、教育を歴史的に考える見方や方法を学習する。 
Students will understand that the state of contemporary education today was built on the foundation of modern Japan’s historical development, and learn methods and viewpoint for examining education historically. 
授業の
内容
Course
Contents
暗記する歴史ではなく、考える歴史を目指したい。
政治や経済の影響を受けながら、教育は独自の領域を歴史に刻んでいる。近代社会における教育の役割と機能を明らかにしつつ,歴史的な方法によって戦後74年目を迎えた「教育の現在」を発見する試みを行っていく。
そのためにも、教育理念と学校制度の展開のうえに教育改革を位置づけながら、、「近代学校」の成立とその批判的展開、教育勅語や戦争と教育とのありようについては、受講者とも共同で考えていきたい。
日本の近代教育の通史的な理解を深めるため、本講義では、以下のテーマを取り上げる予定でいる。 
This course encourages students not to merely memorize history, but to think about it carefully.
Education has been inscribed in history as a field in its own right, although it is influenced by politics and economics. Students will understand the role and function of education in modern society, and through historical methods, try to discover “education today” 74 years after the end of the Second World War.
For that purpose, while placing educational reforms in the context of the educational philosophy and school systems, students will consider the establishment and critical development of “modern” schools, the Imperial Rescript on Education, and the nature of war and education.
In order to give students an overview of modern Japanese education, this course plans to cover the following topics. 
授業計画
Course
Schedule
1. オリエンテーション 
2. 近世の庶民教育-特に文字学習に注目して 
3. 近世の教育機関-手習い塾と私塾 
4. 明治初年の教育―近代化への始動 
5. 教育理念の歴史(1)―画期としての教育勅語発布 
6. 教育理念の歴史(2)―国民統合と「知」の再配分 
7. 学校制度の歴史(1)―初代文部大臣・森有礼の役割 
8. 学校制度の歴史(2)―南北朝正閏問題の意味 
9. 近代学校の成立とその批判的展開(1)―教育実践の定型化 
10. 近代学校の成立とその批判的展開(2)―大正自由教育 
11. 鈴木源輔という教師の歩み―自由教育実践から錬成教育へ 
12. 総力戦体制と教育―国民学校の誕生と学童疎開 
13. 敗戦と教育 ―戦争孤児の戦後史 
14. まとめと戦後教育への展望 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
参考文献での予習および授業時に配布するプリントの復習 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
筆記試験(Written Exam) 100  %  
テキスト
Textbooks
適宜資料を配布する。
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 片桐芳雄・木村元編著  『教育から見る日本の社会と歴史』   八千代出版  2010  978-4-8429-1698-9 
2. 平田諭治編著  『日本教育史』   ミネルブァ書房  2019  978-4-623-08451-7 
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP