シラバス参照

科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
AE309/教育課程論
(Curriculum) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
教育課程の意義及び編成の方法(カリキュラム・マネジメントを含む) 
担当者 (Instructor) 伊藤 実歩子(ITO MIHOKO) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 木曜日(Thu) 1時限(Period 1) X301(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
EDU2700 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 対象:文学部生のみ
文学部生以外は抽選登録 
テキスト用コード (Text Code) AE309 



授業の
目標
Course
Objectives
学習指導要領を基準として、各学校において編成される教育課程について、その意義や編成の方法を理解するとともに、各学校の実情に合わせてカリキュラム・マネジメントを行うことの意義を理解する。 
With the curriculum guidelines as the basis, along with understanding the significance and development methods of the education plan drawn up at each school, students will understand the significance of matching curriculum and management to each school’s situation. 
授業の
内容
Course
Contents
学習指導要領の歴史的な変遷から、教育課程の意義や編成の方法を理解する。また各学校の実情に合わせたカリキュラム・マネジメントのあり方を検討する。 
Students will understand the historical changes to the curriculum guidelines and the significance and methods of creating education guidelines. Students will also consider the way the curriculum and management should be in order to suit each school’s particular situation. 
授業計画
Course
Schedule
1. 教育課程とは何か――学習指導要領の位置づけと教育課程編成の目的―― 
2. 学習指導要領の改訂の変遷①戦後新教育期 
3. 学習指導要領の改訂の変遷②現代化 
4. 学習指導要領の改訂の変遷③新しい学力観と生活科の導入 
5. 学習指導要領の改訂の変遷④生きる力と総合的な学習の時間の導入 
6. 学習指導要領の改訂の変遷⑤知識基盤社会と確かな学力 
7. 学習指導要領の改訂の変遷⑥主体的・対話的で深い学び 
8. 教育課程編成の基本原理――経験主義と系統主義―― 
9. 教科・領域横断的なカリキュラム編成 
10. 主体的なカリキュラム編成のあり方①長期的な視野に基づいた教育課程 
11. 主体的なカリキュラム編成のあり方②児童理解に基づいた教育課程 
12. 主体的なカリキュラム編成のあり方③学校・地域に基づいた教育課程 
13. カリキュラム・マネジメントの意義 
14. カリキュラム評価の理論と実践 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
適宜、別途指示する 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
筆記試験(Written Exam) 100  %  
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 田中耕治編  『よくわかる教育課程』〔第2版〕(やわらかアカデミズム・〈わかる〉シリーズ)   ミネルヴァ書房  2018  9784623082698 
その他(Others)
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
対象:文学部生のみ
文学部生以外は抽選登録 


PAGE TOP