シラバス参照

科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
AE315/発達心理学
(Developmental Psychology) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
心の発達に対する社会文化歴史的アプローチ 
担当者 (Instructor) 石黒 広昭(ISHIGURO HIROAKI) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 水曜日(Wed) 2時限(Period 2) X301(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
EDU2700 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 対象:文学部生のみ
文学部生以外は抽選登録 
テキスト用コード (Text Code) AE315 



授業の
目標
Course
Objectives
社会文化歴史的アプローチの立場から、系統発生、社会史、個体発生といった三つのタイムスケールで人間の発達を理解する。 
Students will understand human development from a sociocultural-historical approach in three time scales of phylogeny, social history and ontogeny. 
授業の
内容
Course
Contents
社会文化歴史的(ヴィゴツキアン)アプローチによる精神発達理論を中心に、記号、特に言語を中心に発達心理学の基本的な知見を紹介し、人間発達の特殊性を検討する。人間とその他の類人猿の違い、学校教育制度下の人々の心性などの検討を通してヒトの人間化の過程を知る。さらに遊び、言語を中心とした象徴機能の発達などを検討することで人間の個体発生過程についての理解を深める。具体的事例を紹介したり、参加者と議論したりしながら進めることで理解の深化をはかる。 
Centering on developmental psychology using a sociocultural-historical approach (Vygotskian), students will be introduced to the basic knowledge of developmental psychology about symbols, especially language, and consider the particularity of human development. Through considering the differences between humans and other anthropoids, and the disposition of people under the school education system, students will learn about the process of human development. Furthermore, students will consider the development of symbolic functions, etc., focusing on play and language, and deepen their understanding of the process of developing human ontogeny. The class aims to introduce specific examples and to deepen students’ understanding as they participate and discuss. 
授業計画
Course
Schedule
1. イントロダクション:発達心理学とは何か 
2. 心の系統発生:進化の中の人(1) 
3. 心の系統発生:進化の中の人(2) 
4. 心の系統発生:進化の中の人(3) 
5. 心の系統発生:進化の中の人(4) 
6. 心の社会発生:人間発達にとっての社会と文化(1) 
7. 心の社会発生:人間発達にとっての社会と文化(2) 
8. 心の社会発生:人間発達にとっての社会と文化(3) 
9. 心の社会発生:人間発達にとっての社会と文化(4) 
10. 心の個体発生:乳幼児期の心性(1) 
11. 心の個体発生:乳幼児期の心性(2) 
12. 心の個体発生:乳幼児期の心性(3) 
13. 心の個体発生:乳幼児期の心性(4) 
14. 試験 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
関連する文献を図書館などで調べ読むこと。他の履修者と自主ゼミなどを通して議論することが望ましい。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
筆記試験(Written Exam) 100  %  
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 石黒広昭・亀田達也  『文化と実践』   新曜社  2010  978-4-7885-1186-6 
2. 田島信元他編  『新・発達心理学ハンドブック』   福村書店  2016  9784571230547 
3. 中島義明編  『現代心理学理論事典』   朝倉書店  2001  425452014X 
4. 中島義明編  『現代心理学事例事典』   朝倉書店  2012  4254520174 
5. 佐伯・佐々木編  『アクティブ・マインド』   東京大学出版会  2013  978-4130065108 
6. トマセロ, M.  『心とことばの起源を探る』   勁草書房  2006  978-4326199402 
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
http://www2.rikkyo.ac.jp/web/ishiguro/ 
注意事項
Notice
対象:文学部生のみ
文学部生以外は抽選登録 


PAGE TOP