シラバス参照

科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
AF005/道徳教育の理論と方法
(Moral Education) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
新しい道徳教育の理念と方法 
担当者 (Instructor) 河野 哲也(KONO TETSUYA) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 木曜日(Thu) 2時限(Period 2) X301(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
EDU2700 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) AF005 



授業の
目標
Course
Objectives
 道徳の意義や原理等を踏まえ、学校における道徳教育の目標や内容を理解します。また、学校の教育活動全体を通じて行う道徳教育及びその要となる道徳科における指導計画や指導方法を理解します。
 とくに小学校における道徳教育の考え方及び道徳の時間の指導方法について、「そもそも道徳とは何であり、なぜその教育が必要なのか」という問いにさかのぼり、理論的・理念的に理解すると同時に、現在、興隆しつつある新しい道徳教育方法の開発を目指します。 
 Students will understand the purpose and content of moral education at schools based on the significance and rationale of morality. Also, students will understand instruction plans and instruction methods necessary in the subject of moral education as carried out through the school’s overall educational activities.
 Especially regarding elementary school moral education thinking and instructional methods, students will take on the question of “what was morality originally and why is it necessary in education?,” and while also understanding logically and philosophically, aim for creating new methods of moral education while improving current methods. 
授業の
内容
Course
Contents
1)前半では、道徳教育を行うに当たって、現代倫理学と現代道徳理論の基礎的な考え方を身につけてもらいます。以下のことができるようにします。道徳の本質(道徳とは何か)を説明できる。道徳教育の歴史や現代社会における道徳教育の課題(いじめ、情報モラル等)を理解している。子供の心の成長と道徳性の発達について理解している。学習指導要領に示された道徳教育及び道徳科の目標及び主な内容を理解している。
2)後半では、道徳科における指導計画や指導方法を学びます。講義で自分自身で道徳的な問題についてディスカッションして、対話による道徳教育の方法、評価の在り方などについて実践的に学びます。以下のようなことを学びます。学校における道徳教育の指導計画や教育活動全体を通じた指導の必要性を理解している。道徳科の特質を生かした多様な指導方法の特徴を理解している。道徳科における教材の特徴を踏まえて、授業設計に活用することができる。授業のねらいや指導過程を明確にして、道徳科の学習指導案を作成することができる。道徳科の特性を踏まえた学習評価の在り方を理解している。模擬授業の実施とその振り返りを通して、授業改善の視点を身に付けている。 
1) In the first half of the class, students will become competent in the basic ways of thinking in modern ethics and moral theory in order to carry out moral education. Students will be able to do the following things. Students will be able to explain the qualities of morality (what is morality?). Students will understand issues of moral education (bullying, information morals, etc.) in modern society as well as in the history of moral education. Students will understand the growth of children’s minds and the development of morality. Students will understand the goals and main contents of moral education and the subject of moral education as laid out in the curriculum guidelines.
2) In the second half of the class, students will study instruction plans and methods in the subject of moral education. In the lecture, students will discuss moral issues that affect them, and learn about moral education methods and evaluation methods, etc., practically through dialogue. Students will learn the following things. Students will understand the necessity of moral education instruction planning in schools and instruction through schools’ overall educational activities. Students will understand the characteristics of diverse instructional approaches for bringing out qualities of moral education class. Students will be able to actively design classes based on the characteristics of course materials in the subject of moral education. Students will be able to clarify the class aims and instructional process, and make a learning plan for the subject of moral education. Students will understand learning evaluation methods based on the characteristics of the subject of moral education. Through holding model classes and reflecting on them, students will develop an eye for class improvements. 
授業計画
Course
Schedule
1. ガイダンス 講義の目的と内容、方法についての説明 
2. 道徳の本質とは何か、倫理的とは何か:現代社会における道徳教育の課題 
3. 現代倫理学の基礎1:義務論と功利主義 
4. 現代倫理学の基礎2:現代の正義論 
5. 現代の道徳教育理論1:子供の心の成長と道徳性の発達 
6. 現代の道徳教育理論2:道徳教育の授業理論(道徳教育の歴史、学習指導要領の道徳教育及び道徳科の目標及び主な内容、「考え、議論する道徳」) 
7. 現代の道徳教育理論3:シチズンシップと道徳教育 
8. 道徳教育の指導法:道徳教育をどう指導するか、指導計画と指導の必要性、道徳科の特性と多様な指導法、教材と授業設計、評価の仕方 
9. 新しい道徳教育の方法1:ディベートの取り入れ方(模擬授業、学習指導案の作成、学習評価の仕方、以下4回) 
10. 新しい道徳教育の方法2:ディベートの取り入れ方 
11. 新しい道徳教育の方法3:対話型教育の取り入れ方 
12. 新しい道徳教育の方法4:対話型教育の取り入れ方 
13. 新しい道徳教育の方法5:応用倫理学的テーマと体験学習、その他の多様な指導法 
14. 模擬授業のふりかえりと授業内テスト 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
参考文献や指定された資料を読み、講義内でのディスカッションに準備すること。授業内容に当たる部分について小学校学習指導要領道徳編に目を通すこと。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
講義でのディスカッションへの参加(20%) 、講義内提出物(40%) 、最終テスト(Final Test)(40%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 文部科学省  『小学校学習指導要領道徳編』   東洋館出版  2008  449102376X 
2. 河野哲也  『道徳を問い直す』   筑摩書房  2011  4480065954 
3. 河野哲也  『じぶんで考え じぶんで話せる : こどもを育てる哲学レッスン』   河出書房新社  2018  9784309248691 
その他(Others)
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 清水将吾・河野哲也監訳  『子どものための哲学授業: 「学びの場」のつくりか』   河出書房新社  2014  4309247016 
2. 松下良平  『道徳教育はホントに道徳的か?』   日本図書センター  2011  428430447X 
3. 小寺 正一・藤永 芳純  『道徳教育を学ぶ人のために』   世界思想社  2009  4790714047 
4. 小玉重夫  『シティズンシップの教育思想 』   白澤社  2003  4768479065 
5. B・クリック  『シティズンシップ教育論: 政治哲学と市民』   法政大学出版局  2011  4588603205 
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
講義だけではなく、ディスカッションと、ディスカッションをファシリテートする教育方法を実践する講義になります。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP