シラバス参照

科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
AL216/フランス文学・文化概論
(Introduction to French Lit. & Culture) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
フランス文学史・文化史入門 
担当者 (Instructor) 坂本 浩也(SAKAMOTO HIROYA)
桑瀬 章二郎(KUWASE SHOJIRO)
菅谷 憲興(SUGAYA NORIOKI)
横山 安由美(YOKOYAMA AYUMI) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 水曜日(Wed) 1時限(Period 1) M302(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ART1800 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) AL216 



授業の
目標
Course
Objectives
フランスの文学・文化・社会を歴史的に概観します。またいくつかの作品を取り上げ、具体的にその内容・魅力を紹介します。 
This course will provide a historical overview of literature, culture, and society in France. It will also take up several works to introduce their content and their appeal in detail. 
授業の
内容
Course
Contents
文学作品は、それぞれの時代と社会状況のなかで、どのように書かれ、どのように読まれてきたのか? フランスの文学と文化を中世から年代順に概観し、社会状況について整理しながら、歴史的な変遷を見ていきます。
いわゆる文学史の授業なので、おぼえることがらも少なくありませんが、フランスに興味を持つ者にとって最低限の教養といえる内容です。また試験には、事項の確認だけでなく、論述形式も含まれます。それぞれの時代の文学の特徴を的確に把握し、それらをつなぐ隠された論理を自分なりに探しながら、積極的に授業を受けることが大切です。複数の教員がリレー式で講義を行います。 
How are literary works written and read within their respective eras and social conditions? This course will provide a chronological outline of French literature and culture from the Middle Ages onward and will look at historical transitions, while organizing social conditions.
As a literary history class, the class will present many things to be memorized, but the content will represent the minimum education for students with an interest in France. Tests will include essay format tests, as well as checking of facts. While students accurately learn the characteristics of literature from each era and search in their own way for the hidden logic that connects them, it is important that they also participate actively in classes. The course will be taught in relay fashion by several faculty members. 
授業計画
Course
Schedule
1. 導入:授業全体の説明 
2. 中世 
3. ルネサンス 
4. 17世紀1(古典主義) 
5. 17世紀2(演劇) 
6. 18世紀 
7. 中間テスト 
8. 19世紀1(ロマン主義) 
9. 19世紀2(写実主義と自然主義) 
10. 19世紀3(詩) 
11. 20世紀1(詩) 
12. 20世紀2(思想) 
13. 20世紀3(小説) 
14. 最終テスト 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
授業で指示された文献を積極的に読んで授業に臨むこと。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
出席・リアクションペーパー(40%) 、中間テスト(30%) 、最終テスト(Final Test)(30%)
備考(Notes)
中間テストと最終テストの2回は評価の対象となるので,そのときに欠席しないように注意すること。
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 渡辺一夫  『増補・フランス文学案内』   岩波文庫  1990  9784003500019 
その他(Others)
授業で指示。教科書は必ず購入し、持ってくること。
参考文献
Readings
授業で指示。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP