シラバス参照

科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
BT303/2年次演習1
(Seminar1(2nd year)) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
組織における人の心理と行動 
担当者 (Instructor) 石川 淳(ISHIKAWA JUN) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 金曜日(Fri) 4時限(Period 4) 7201(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
BUS2010 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) コンセントレーション:マネジメント領域,コミュニケーション領域 
テキスト用コード (Text Code) BT303 



授業の
目標
Course
Objectives
専門的な知識を身につけると同時に,リーダーシップ,コミュニケーション力,論理的思考力,人間関係力,異文化適応力等を含めた総合的な”人間力”を高めることを目標とする。 
The aim of this course is for students to increase their general “people skills” including their leadership skills, communication skills, logical thinking ability, human relationship skills, and adaptability to different cultures, while gaining specialized knowledge. 
授業の
内容
Course
Contents
組織の中の人間の心理・行動に焦点をあて,そのメカニズムを理解すると同時に,組織の目的と組織成員の幸せを同時に達成することができるマネジメントを研究する。具体的なテーマとして,リーダーシップ,コミュニケーション,モチベーション,チーム・ワーク,異文化マネジメントなどがあげられよう。
ほとんどの受講者にとって,本格的なゼミ活動は初めての経験であるため,初期は,ゼミの基本となる徹底的なディスカッション及び輪読が中心となる。しかし,その後は,ケース・スタディやディベート,プレゼンテーション大会,プロジェクト研究なども積極的に取り入れていきたい。
本ゼミの最大の特徴は,学生が主体となってゼミを創り上げていくところにある。なぜなら,自らが主体的に試行錯誤を繰り返し,他者を巻き込みながら目標に向けて行動していくプロセスを通じてのみ,リーダーシップ,コミュニケーション力等を含めた”人間力”を身につけることができるからである。従って,自ら問題意識を持ち,自らが主役となってゼミ運営に関わろうとする意欲のある学生の受講が望ましい。 
This course focuses on the psychology and behaviours of people in organizations. Students will come to understand the mechanisms behind those things, and research management methods which can achieve the happiness of the members of an organization as well as the goals of the organization. The themes covered will include leadership, communication, motivations, teamwork, and management in different cultures.
Most students in this course will be experiencing a genuine seminar for the first time, so initially, the course will thoroughly focus on discussions and reading, which are the mainstays of seminars. After this, students will also proactively engage in case studies, debates, presentation contests, and project research.
The most important characteristic of this seminar is that students will come up with the subjects covered in the seminar. This is because students can gain “people skills” such as leadership and communication skills, just by repeating the independent process of trial and error and by working towards a goal while being involved with other people. Consequently, the ideal students for this seminar will have an awareness of issues, and the desire to be involved in the running of the seminar and play a major role in it. 
授業計画
Course
Schedule
1. イントロダクション 
2. テキスト輪読:モチベーション 
3. ケース・ディスカッション:モチベーション 
4. テキスト輪読:チーム・ワーク 
5. ケース・ディスカッション:チーム・ワーク 
6. テキスト輪読:リーダーシップ 
7. ケース・ディスカッション:リーダーシップ 
8. テキスト輪読:コミュニケーション 
9. ケース・ディスカッション:コミュニケーション 
10. プレゼンテーション中間報告会 
11. スピーチ大会 
12. ミニ・ディベート 
13. プレゼンテーション準備 
14. 期末プレゼンテーション大会
なお,上記はあくまでも予定であり,実際には,受講者の興味関心に合わせて,フレキシブルに運営することとなる。 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
毎回,授業準備が必須となる。具体的にどのような準備が必要になるかは,初回授業時に説明する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
プロセス:ゼミ運営およびディスカッションへの貢献度(60%) 、アウトプット:プレゼンテーションと輪読分担(40%)
テキスト
Textbooks
初回授業時に指示する。
参考文献
Readings
初回授業時に指示する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
詳細はゼミのHP(https://www.facebook.com/Ishikawa.seminar)にて指示する。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP