シラバス参照

科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
BT451/3年次演習2
(Seminar2(3rd year)) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
経営戦略の理論と実態に関する多面的な理解と分析 -様々な企業分析方法の習熟と経営戦略論の応用- 
担当者 (Instructor) 秋野 晶二(AKINO SHOJI) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 木曜日(Thu) 4時限(Period 4) 7203(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
BUS3010 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) コンセントレーション:マネジメント領域,アカウンティング&ファイナンス領域 
テキスト用コード (Text Code) BT451 



授業の
目標
Course
Objectives
 企業の理論,歴史・現状の多面的な理解と有価証券報告書の分析に基づいて,企業活動を理論的かつ実証的に解明することで,様々な仮説を構築する能力と発言・報告能力を修得する。 
In this course, students will acquire the skills to create hypotheses and to talk/report on business activities from theoretical and empirical points of view based on their multifaceted understanding of the theory, history, and current situation of businesses, and on analyses of securities reports. 
授業の
内容
Course
Contents
 企業に関する様々な理論,有価証券報告書をはじめとする企業に関する各種データ,そして実際の企業活動に関連する事実,この三つを企業分析のために多面的な観点から活用できるようになることが本ゼミナールの目的である。
 3年生の課題として,各自が自由に分析したい企業とテーマを決めて,論文を作成ことを課題とする。秋学期においては,引き続き2年生とともに経営戦略論の基礎理論を学びながら,各自が分析する企業について,既に設定されたテーマに沿って財務データおよび事実に基づいた分析と論文作成を行い,提出する。この他にも,他大学(早稲田,慶応,明治)との討論会などで研究と討論の能力を高める。地道に資料を集め,整理し,そして多くの文献を読む。このような学習を通じて,秋野ゼミでは,時間をかけ,かつ多面的な観点から継続して学ぶことで初めて得られるような「想像力」と「創造力」を段階的に身につけていくことを目標としている。なお年に数回、工場や企業の訪問を実施し、実際の経営活動を学ぶ機会も設ける予定である。
 本講義を受講するにあたっては,経営学,経営戦略論の基本的な知識,および財務諸表を分析する基本的な能力,ならびに財務データや学術文献等の文献収集・読解して,論文作成に活用できる能力を身につけていることが望ましい。
 なお詳細なシラバスについては,http://www.rikkyo.ne.jp/web/z5000006/akinoHP~2018/index.htmlを必ず参照すること。 
The goal of this seminar is for students to be able to apply three things to their business analyses from a variety of viewpoints: theories pertaining to businesses, business data (such as securities reports), and facts about actual business activities.
Third year students in the seminar will each choose a company they want to analyze, decide on a theme, and write a paper on it. In the fall semester, they will also study the basic theories of management strategy with the second year students, and analyze the business they have chosen from financial data and facts in line with their chosen theme, and write/submit a report on it. In addition, third-year students will improve their research and debate skills by participating in functions such as debate competitions with other universities (Waseda, Keio, Meiji). Students will steadily gather, organize, and read a lot of literature. The goal of the seminar is for students to improve their imagination and creativity through the continuous pursuit of knowledge from a variety of viewpoints. Also, this seminar provides the opportunity to study management activities in practice on field trips to factories and businesses a few times a year.
When enrolling in this course, it is advised that you have a previous understanding of basic business administration concepts and business strategy theory, have basic skills in analyzing financial statements, be able to collect and understand financial data and academic articles, and be able to incorporate this information when drafting papers.
Please make sure to check the following link for details and current updates on this seminar: http://www.rikkyo.ne.jp/web/z5000006/akinoHP~2018/index.html 
授業計画
Course
Schedule
1. 企業分析テーマの報告 
2. 各企業の財務データの分析1 
3. 各企業の財務データの分析2 
4. 各企業の財務データの分析3 
5. 各企業の財務データの分析4 
6. 各企業の財務データと事実との関連分析5 
7. 各企業の財務データと事実との関連分析6 
8. 各企業の財務データと事実との関連分析7 
9. 各企業の財務データと事実との関連分析8 
10. 討論会報告 
11. 企業分析結果の報告1 
12. 企業分析結果の報告2 
13. 企業分析結果の報告3 
14. 企業分析結果の報告4 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
各企業の財務データ・各種資料の収集・整理,分析結果報告の準備,討論会のための話し合い 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
毎回の参加・発言・報告・課題の提出・共同研究への参加度など(95%) 、参加度(5%)
テキスト
Textbooks
秋野ゼミナール 『経営戦略がわかる企業分析法 基礎編 電子書籍版』
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 秋野晶二他編著  『グローバル化とイノベーションの経営学』   税務経理協会  2018年  978-4419065621 
2. 國貞克則  『財務3表実践活用法』   有斐閣  2012年   
3. 遠藤功  『経営戦略の教科書』   光文社新書  2011年  978-4334036300 
その他(Others)
経営分析の方法に関する文献,企業分析を行っている記事,各企業の有価証券報告書などを使用
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
http://www.rikkyo.ne.jp/web/z5000006/akinoHP~2018/index.html 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP