シラバス参照

科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
BX109/経済学史1
(History of Economic Doctrines 1) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
古典派経済学の形成と発展 
担当者 (Instructor) 佐藤 有史(SATO YUJI) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 金曜日(Fri) 2時限(Period 2) タッカーホール(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ECX1210 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) BX109 



授業の
目標
Course
Objectives
古典派経済学の形成と発展を通じて,(1)経済学的思考の特質,(2)価値と分配の理論をめぐる論争を理解し,(3)経済学の現在を相対化するための視座を養うことを目的とする。 
The purposes of this lecture are to nurture the following perspective through the formation and development of classical economics: (1)characteristics of economic thought, (2)understanding the debate regarding the theory of value and distribution, and (3)relativizing the current state of economics. 
授業の
内容
Course
Contents
経済学が生まれ出た文脈としての近代自然法や重商主義などから,いかにして経済学が学として自立したか,その過程の考察から始まり,アダム・スミスにおける経済学の生誕の講義で授業の最初のポイントが終了する。次いで,フランス革命論争を経たのちのデイヴィッド・リカードウによる古典派体系の完成と,リカードウ後の種々の経済学の発展を講義する中で,経済学の現在を相対化し,整理するための視座の基礎を提供する。 
As the context for the birth of the science of political economy, the lecture begins with tracing the process of how political economy arose as a field of the science from modern natural law and mercantilism to the birth of the science of political economy by Adam Smith. Next will be discussed the completion of the classical economics by David Ricardo after commenting the Malthusian controversy, etc. And then, I will lecture the various developments of economics after Ricardo to provide the fundamental perspective for comparison and organization of the current state of economics. 
授業計画
Course
Schedule
1. 世界市場の幕開けと重商主義 
2. 近代自然法:ジョン・ロック 
3. 重農主義:経済的「剰余」の思想 
4. 『国富論』の経済思想(1):アダム・スミスの思想と生涯 
5. 『国富論』の経済思想(2):価値と分配の理論 
6. 『国富論』の経済思想(3):スミスと経済的自由主義 
7. トマス・R・マルサスの経済思想(1):フランス革命とマルサス『人口論』の衝撃 
8. トマス・R・マルサスの経済思想(2):需給分析と価値と分配の理論 
9. デイヴィッド・リカードウの経済思想(1):価値と分配の古典派理論の完成 
10. デイヴィッド・リカードウの経済思想(2):経済成長,国際分業,貨幣と金融 
11. デイヴィッド・リカードウの経済思想(3):哲学的急進主義とイギリス民主主義論の発展 
12. リカードウ後(1):ジョン・S・ミルの経済思想 
13. リカードウ後(2):カール・マルクスの経済思想 
14. 古典派経済学と限界主義:「古典派」と「新古典派」の違い 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
教科書に指定した文献は,授業で取り上げる主要な人物についてのたくさんの記述がある。あらかじめ読んでから授業に臨むこと。また,事前に配布する資料も熟読し,さらに指示された参考文献の関連箇所の読解を通じて理解を深めておこう。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
筆記試験(Written Exam) 70  %  
平常点(In-class Points) 30  %
課題レポート(授業中に指示)(30%)
備考(Notes)
課題レポートは授業中に指示します。3回程度を見込んでいます。
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 小畑二郎  『経済学の歴史』   慶應義塾大学出版会  2014年  978-4-7664-2175-0 
その他(Others)
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. モーリス・ドッブ  『価値と分配の理論』   新評論  1976年  3033-330108-3177 
2. 中矢俊博  『やさしい経済学史』   日本経済評論社  2012年  9784818822160 
その他(Others)
その他,一次文献(原典)を含む必要な参考文献は,その都度授業中に指示します。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP