シラバス参照

科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
BX110/経済学史2
(History of Economic Doctrines 2) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
金融思想の歴史 
担当者 (Instructor) 佐藤 有史(SATO YUJI) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 金曜日(Fri) 2時限(Period 2) 9号館大(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ECX1210 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) BX110 



授業の
目標
Course
Objectives
18世紀以来の金融思想の歴史を通じて,貨幣や金融についての私たちのとらえ方が,この3世紀の間,真正手形学説・貨幣数量説・古典派貨幣理論という3つの枠組みを軸として主に発展してきたことを理解する。 
Through the history of monetary thought from the 18th century to today, students will gain an understanding of the three major frameworks of the real-bills doctrine, the quantity theory of money, and classical monetary theory that have developed over the last three centuries, and will also understand how our views on money and finance have continued to be influenced by their frameworks . 
授業の
内容
Course
Contents
経済の中でとりわけ重要な位置を占める貨幣と金融についての思想の歴史を概観する。金融上の技術や制度の洗練にもかかわらず,金融思想の歴史においては,同じ思考の枠組みが幾度となく再現し,またバブルや金融危機といった似たような災厄が幾度となく繰り返されてきた。こうした金融思想の歴史を概観することで,経済学を作り上げてきた主要な経済学者たちの群像を金融思想とのかかわりにおいて現代に至るまで跡づける。 
I will lecture a historical overview of the various ideas of money and finance, the importance of which is, of course, no doubt in any economy. Despite the refinement of monetary devices and systems, the history of monetary thought shows that similar ideas based on the same frameworks have reappeared over time, and evils such as economic bubbles and financial crises have repeatedly occurred. To overview the history of monetary thought will allow students to follow to the present day the relationship between the leading economists, who created economics, and monetary thought. And they will also understand the important aspect of the history of economic thought. 
授業計画
Course
Schedule
1. 金融思想史とは何か 
2. 真正手形学説:ジョン・ローの金融思想 
3. 貨幣数量説:デイヴィッド・ヒュームの金融思想 
4. 古典派金融思想の形成:アダム・スミスの金融思想 
5. 地金論争と古典派金融論(1):ヘンリー・ソーントンの『紙券信用論』 
6. 地金論争と古典派金融論(2):デイヴィッド・リカードウの貨幣理論 
7. 地金論争と古典派金融論(3):リカードウの金融政策論と中央銀行論 
8. 通貨論争:銀行主義vs.通貨主義 
9. ウォルター・バジョットの原理 
10. 純粋信用経済と累積過程:クヌート・ヴィクセルの金融思想と古典派金融思想 
11. 20世紀初頭アメリカの金融思想:J.ラフリン,I.フィッシャー,ハーヴァード学派と古典派金融思想 
12. ジョン・メイナード・ケインズの金融思想とその古典派金融論批判 
13. ケインズ,シカゴ学派,M.フリードマン 
14. まとめ:古典派金融思想の再評価に向けて 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
事前に配布する資料を熟読しておくこと。また指示された参考文献の関連箇所の読解を通じて理解を深めておきましょう。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
筆記試験(Written Exam) 70  %  
平常点(In-class Points) 30  %
講義内で指示する課題レポート(30%)
備考(Notes)
講義中に指示する課題レポートは3回程度を予定しています。
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 平山健二郎  『貨幣と金融政策』   東洋経済新報社  2015年  978-4-492-65470-5 
その他(Others)
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 大友敏明・池田幸弘・佐藤有史(編)  『経済思想にみる貨幣と金融』   三嶺書房  2002年  4882941457 
2. デビット・レイドラー  『貨幣数量説の黄金時代』   同文舘  2001年  4495435817 
3. Arie Arnon  Monetary Theory and Policy from Hume and Smith to Wicksell: Money, Credit, and the Economy   Cambridge University Press  2011年  9781107642737 
4. Yuji Sato and Susumu Takenaga (eds)  Ricardo on Money and Finance: A Bicentenary Reappraisal   Routledge  2013年  9780415814676 
その他(Others)
その他,必要な参考文献は,一次文献(原典)を含め,授業中に指示します。私の講義の基本的主張を知るには,上記Ricardo on Money and Fnanceの中の私の章を参考にしてください。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
パワーポイントを使用する講義形式となるが,適宜「板書」もおこなう。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP