シラバス参照

科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
BX191/世界経済論
(International Economics) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
世界-国家-地域の関連を複眼的に見る 
担当者 (Instructor) 蓮見 雄(HASUMI YU) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 火曜日(Tue) 1時限(Period 1) 5121(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ECX1410 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) BX191:1年 BX193:2~4年 
テキスト用コード (Text Code) BX191 



授業の
目標
Course
Objectives
経済活動のグローバル化と不均質な世界経済を理解する力を養う。 
To develop the ability to understand the globalization of economic activities and the heterogeneous global economy. 
授業の
内容
Course
Contents
今日、たとえ一国一地域のローカルな問題であっても、世界経済との関係を抜きに理解することは難しい。また国家の経済政策や社会政策も、経済活動のグローバル化への適応を迫られ、変容し始めている。本講義では、ヨーロッパに焦点を定めつつ、国境を越えた都市・地域間ネットワーク形成という視点を織り込みながら、世界経済の変化とグローバル経済ガバナンスの可能性について講義する。なお、受講生の理解度や講義の進捗状況による講義の順序を調整する場合がある。 
Today, even if a problem is local to one country or region, it is difficult to understand it without considering its relationship to the global economy. Further, the economic and social policies of nations are being forced to address the globalization of economic activities and are beginning to be transformed accordingly. This lecture focuses on Europe and incorporates the perspective of forming a network among cities and regions that extends beyond national boarders while discussing the changes in the global economy and the possibility of global economic governance. The order in which subject matter is presented in the lecture may be changed depending on the level of understanding of the students and the way the lecture is progressing. 
授業計画
Course
Schedule
1. 不均質な世界とグローバル・シフト 
2. 資本移動とグロ-バル生産ネットワーク 
3. グローバル生産ネットワークと国家の役割の変化 
4. グローバル経済ガバナンスの模索 
5. メガリージョンの時代:TPP、TTIP、RCEP、日EU・EPA等 
6. グローバル経済下における二つのトリレンマ 
7. 欧州連合(EU)にみるリージョナル経済ガバナンス 
8. 国際分業におけるヨーロッパの諸国と諸地域 
9. 経済統合のツールボックスとしてのEU 
10. グローバルな人の移動とヨーロッパ 
11. グローバル・ネットワークにおける都市 
12. 金融資本主義の時代とユーロ 
13. エネルギーは「武器」か「商品」か、それとも「呪い」か? 
14. 社会問題のグローバル化、持続可能性(sustainability)、説明責任(accountability):多国籍企業と市民社会 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
予習:講義資料は、ブラックボードで配布するので、各自で印刷して目を通してから授業に参加すること。
復習:講義資料と授業時に紹介する参考資料で復習すること。

参考文献として、特にP. Dicken, Global Shift, 7th edition(Guilford Pr., 2015)推奨する.深く学びたい学生は、同文献を参照すること。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
筆記試験(Written Exam) 86  %  
平常点(In-class Points) 14  %
出席および授業参加度(14%)
テキスト
Textbooks
なお、次の文献をテキストとして使用する予定である。
著者名:K. ペイン・G. ハム編、蓮見雄・細矢浩志・高﨑春華訳
書籍名:グローバル化の中で変わりゆく都市・地域間関係(仮)
出版社:明石書店
出版年:2019年年9月刊行予定である。刊行が間に合わない場合は、テキストなしとする。
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. P. Dicken  Global Shift, 7th edition   Guilford Pr.  2015  978-1462519552 
2. リチャード・ボールドウィン  世界経済-大いなる収斂-ITがもたらす新次元のグローバリゼーション   日本経済新聞出版社  2018  978-4532357634 
3. ジョン・ジェラルド・ラギー  正しいビジネス――世界が取り組む「多国籍企業と人権」の課題   岩波書店  2014  978-4000259767 
4. 杉本 侃編  北東アジアのエネルギー安全保障 東を目指すロシアと日本の将来   日本評論社  2016  978-4535558472 
5. 蓮見雄編  拡大するEUとバルト経済圏の胎動   昭和堂  2009  978-4812208687 
6. 高橋信弘  グローバル化の光と影-日本の経済と働き方はどう変わったのか   晃洋書房  2018  978-4771031203 
7. OECD  地図でみる世界の地域格差 OECD地域指標 都市集中と地域発展の国際比較 2016年版   明石書店  2017  9.784750344881E12 
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
世界経済評論IMPACT http://www.world-economic-review.jp/impact/

蓮見雄「グローバル経済ガバナンス問題と国際機構・EU―「市場との対話」と「市民社会との対話」の両立は可能か―」『慶應法学』第5号、2006年。
http://koara.lib.keio.ac.jp/xoonips/modules/xoonips/image.php/AA1203413X-20060515-0155.pdf?file_id=14544 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP