シラバス参照

科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
BX192/国際経済論
(International Economy) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
国際経済を見る目 
担当者 (Instructor) 蓮見 雄(HASUMI YU) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 木曜日(Thu) 2時限(Period 2) 9号館大(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ECX1410 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) BX190:1年 BX192:2~4年 
テキスト用コード (Text Code) BX192 



授業の
目標
Course
Objectives
経済活動のグローバル化を多面的に理解する手がかりとして、様々な認識方法を学ぶ。 
To learn a variety of recognition methods as a means for gaining a multifaceted understanding of the globalization of economic activities. 
授業の
内容
Course
Contents
今日、世界の各国、各地域の経済は、国境を越える財、サービス、資本、人の移動を通じて相互依存関係を深めている。本講義では、グローバル化する経済活動を理解するために、(1)国際経済論の基礎を学び、(2)世界各地、各種の基礎的なデータへのアクセス方法を確認し、(3)世界経済を支えているWTO、IMF、G7、G20等の役割、及び国家の経済政策への影響に関する基礎知識を習得し、(4)最後に、日々刻々と変化する世界経済について独力で考えるための手がかりとして、国際経済に関する諸説を概説する。なお、受講者の理解度と講義の進捗状況に応じて、講義の順番を入れ替えることがある。 
Today, the economies of countries and regions around the world are deepening their mutually dependent relationships through the movement of goods, services, capital, and people across national borders. In order to understand the globalization of economic activities, in this lecture students will be given an outline of international economics as a means for (1) learning the fundamentals of international economic theory, (2) checking the methods for accessing basic data of various types for various regions around the world, (3) acquiring a basic knowledge of the roles and impact on national economic policy of the WTO, IMF, G7, and G20, etc., which support the global economy, and (4) being able to independently consider the constantly changing global economy. The order in which subject matter is presented in the lecture may be changed depending on the level of understanding of the students and the way the lecture is progressing. 
授業計画
Course
Schedule
1. イントロダクション 
2. グローバルな相互依存と国際分業の利益・課題 
3. 比較生産費説と貿易の利益 
4. 比較優位と貿易 
5. 要素賦存と貿易 
6. 国際収支表から見えるもの 
7. 為替レートの決定と購買力平価説 
8. 通商ガバナンスと国際機構:マーケットアクセスからルールへ 
9. 世界各国、各地域の経済データを調べてみよう(レポート課題あり) 
10. 国際資本移動-間接投資と直接投資が国家や地域に与える影響 
11. 企業内貿易 
12. 通商ガバナンスと国際機構:マーケットアクセスからルールへ 
13. 地域経済統合 
14. まとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
予習:講義資料は、ブラックボードで配布するので、各自で印刷して目を通してから授業に参加すること。
復習:講義資料と授業時に紹介する参考資料で復習すること。
進んだ学習:第9回の授業で詳しく紹介するが、国際機構(WTO、IMF、世界銀行、OECD、UNCTAD、IEA、ILO、EU、EBRD等)の資料は無料でダウンロードして読めるものがたくさんある。世界各地の経済問題について、自分で調べてみよう。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
筆記試験(Written Exam) 60  %  
平常点(In-class Points) 40  %
レポート課題(26%) 、出席および授業参加度(14%)
備考(Notes)
第9回の講義に関連したレポートを課し、ブラックボードで提出してもらう予定。
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 高橋 信弘   国際経済学入門-グローバル化と日本経済 改訂第2版   ナカニシヤ出版  2015  978-4779509230 
2. 阿部 清司, 石戸 光  相互依存のグローバル経済学   明石書店  2008  978-4750328898 
3. ダニ・ロドリック  グローバリゼーション・パラドクス: 世界経済の未来を決める三つの道   白水社  2013  978-4560082768 
4. 石川城太他  国際経済学をつかむ 第2版   有斐閣  2013  978-4641177192 
5. 友原章典  国際経済学へのいざない 第2版   日本評論社  2014  978-4535557963 
6. Alan Cafruny, Leila Talani, Gonzalo Pozo Martin  The Palgrave Handbook of Critical International Political Economy   Palgrave Macmillan  2016  978-1137500175 
7. Thijs Van de Graaf, Benjamin K. Sovacool, Arunabha Ghosh, Florian Kern, Michael T. Klare  The Palgrave Handbook of Critical International Political Economy of Energy   Palgrave Macmillan  2016  978-1137556301 
その他(Others)
蓮見雄「グローバル経済ガバナンス問題と国際機構・EU―「市場との対話」と「市民社会との対話」の両立は可能か―」『慶應法学』第5号、2006年。
http://koara.lib.keio.ac.jp/xoonips/modules/xoonips/image.php/AA1203413X-20060515-0155.pdf?file_id=14544
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP