シラバス参照

科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
その他/ゼミナール A
(Seminar A) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
世界経済と地域統合について考える―経済統合のツールボックスとしてのEU(欧州連合) 
担当者 (Instructor) 蓮見 雄(HASUMI YU) 
時間割 (Class Schedule) 通年 (Full year) 火曜日(Tue) 4時限(Period 4) 7201(Room)
単位 (Credit) 4単位(4 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ECX2020 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 継続履修者は自動登録 
テキスト用コード (Text Code) BX651 



授業の
目標
Course
Objectives
 EU(欧州連合)は、ユーロ危機、Brexit、移民・難民危機、ポピュリズムなど複合的な危機に直面しているとはいえ、依然として経済活動のグローバル化に適応するための様々な政策を生み出している「経済統合のツールボックス」ともいえる機構であり、アジアにおける経済協力を考える上でも示唆に富む。そこで、本授業では、(1)EUと国家の役割分担に基づいて行われているヨーロッパ経済に関する基礎知識を学び、 (2)他大学の学生とともにEUセミナーに参加して、プレゼンテーションや討論の能力を身につけ、(3)EUの政治・経済ガバナンスのしくみに関する基礎知識に基づいて、世界の地域統合について考える力を養う。  
 Although the European Union (EU) is facing complex crises, such as the Euro crisis, Brexit, the immigration and refugee crisis, and populism, it has been creating a mechanism called an “economic integration toolbox” for producing various policies to adapt to the globalization of economic activities, and this is also rich in suggestions for considering economic cooperation in Asia. In view of this, the objective of this class is to (1) to learn basic knowledge regarding the European economy based on the division of roles between the EU and its individual nations, (2) acquire the ability to give presentations and engage in debates by participating in EU seminars with the students of other universities, and (3) foster the ability to think about the regional integration of the world based on the basic knowledge of the EU politics and economic governance frameworks.  
授業の
内容
Course
Contents
 大学セミナーハウス(八王子)で行われる第8回EUセミナーに参加することを前提としてゼミを行う。EUセミナー開催時期は、例年9月中旬から下旬の2泊3日。EUセミナーは、代表的なEU研究者の指導の下で約100人の学生が大学の垣根を越えて共に学ぶ場である。これまでのセミナーの記録は以下を参照(https://iush.jp/seminar/2017/03/166/)。
 ゼミの内容は3つの部分に分かれる。第1に、EUに関する基礎知識を短期間に身につける。第2に、EUセミナー分科会の内容を確認した上で、各自参加する分科会のテーマに関する課題及び追加情報の収集を行う。想定されるテーマは、ユーロ危機、イギリスのEU離脱、ポピュリズム、エネルギー・環境問題、EUのガバナンス問題、EUの対ロシア経済制裁など。第3に、EUセミナー後、各自の関心に応じて個人あるいはグループで論文を執筆する(テーマの一例:ユーロ危機、銀行同盟、EU・ロシア関係、移民・難民問題、EUとアジアの比較、TPPやTTIPなどのメガリージョンとEUの比較、EU労働政策、日EUーEPA、EU労働問題、EUとASEANの比較など)。
 なお、特にEUとロシアの経済関係、EUと中国の経済関係、ロシアと中国の経済関係、ロシアと日本の経済関係、一帯一路構想、日EUのエネルギー政策の比較などについて関心のある学生がいれば、別途、指導することがある。 
This seminar is conducted on the premise that the students will participate in the 8th EU Seminar to be held at the university’s Seminar House (Hachioji). The EU Seminar is held each year for 3 days and 2 nights sometime between the middle and end of September. The EU Seminar is attended by approximately 100 students from different universities under the direction of representative EU researchers. The seminar record to date can be viewed at this link (https://iush.jp/seminar/2017/03/166/).
The seminar contents are divided into three sections. In the first section, students will acquire basic knowledge regarding the EU in a short time. In the second section, students will check the contents of the EU Seminar working group and gather the issues and additional information for working group they are participating in. Possible themes are the Euro crisis, Brexit, populism, energy and environmental problems, EU governance problems, and the EU’s economic sanctions on Russia. In the third section, after the EU Seminar, individuals or groups will write a paper on theme of their interest (Example themes: Euro crisis, banking alliances, relationship between the EU and Russia, immigration and refugee problem, comparison between the EU and Asia, comparison of the EU and mega regions like TPP and TTIP, EU labor policies, Agreement between the European Union and Japan for an Economic Partnership, EU labor problems, comparison of EU and ASEAN, etc.)
Separate guidance may be given to students interested in particular in the economic relationship between the EU and Russia, the economic relationship between the EU and China, the economic relationship between Russia and China, the economic relationship between Russia and Japan, the Belt and Road Initiative, or a comparison of Japanese and EU energy policies. 
授業計画
Course
Schedule
1. オリエンテーション 
2. 輪読1:ヨーロッパ経済を支える機構=EUのしくみ 
3. 輪読2:関税同盟の効果と限界、欧州動脈硬化症 
4. 輪読3:単一市場下における寡占体間の競争促進と競争法  
5. 輪読4:金融危機と初期のユーロを支える制度の限界(ユーロ1.0) 
6. 輪読5:金融危機とユーロを支える制度の進化(ユーロ2.0) 
7. 輪読6:EUと国家(加盟国間、米国、中国、ロシア、トルコなど)との関係  
8. EUセミナー分科会のテーマ・課題の確認と情報収集  
9. 各分科会参加者ごとにEUセミナー参加準備1  
10. 各分科会参加者ごとにEUセミナー参加準備2  
11. 各分科会の報告と討論1 
12. 各分科会の報告と討論2 
13. 各分科会の報告と討論3 
14. EUセミナー直前対策 
15. EUセミナー反省会と各自・各グループの論文テーマの検討  
16. 各自・各グループの論文構想に関する報告と討論1  
17. 各自・各グループの論文構想に関する報告と討論2  
18. 各自・各グループの論文構想に関する報告と討論3  
19. 論文に必要な資料収集、及び準備状況の報告1  
20. 論文に必要な資料収集、及び準備状況の報告2  
21. 論文に必要な資料収集、及び準備状況の報告3  
22. 論文概要の報告と討論1  
23. 論文概要の報告と討論2  
24. 論文概要の報告と討論3 
25. 論文概要の報告と討論4  
26. 論文報告会1  
27. 論文報告会2  
28. 総括とゼミナール論集作成の準備 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
 短時間でEUの基礎を学び、EUセミナーの準備を行うため、予習・復習は不可欠であり、授業時間と同等の授業時間外学習が必要である。

 なお、例年、夏季期間中に2~3日(1限~5限)のEUセミナー対策の勉強会を実施している。

 参加の前提として、Master of writing、Master of presentationを熟読しておくこと。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
最終レポート(Final Report)(40%) 、プレゼンテーション(30%) 、授業参加度(30%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 田中素香他  現代ヨーロッパ経済第5版   有斐閣  2018  978-4641221086 
その他(Others)
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 長部重康  日・EU経済連携協定が意味するものは何か:新たなメガFTAへの挑戦と課題   ミネルヴァ書房  2017  978-4623077595 
2. 小島 健  知識ゼロからのユーロ入門   幻冬舎  2016  978-4344903166 
3. 庄司克宏  欧州ポピュリズム   筑摩書房  2018  978-4480071422 
4. 蓮見雄  拡大するEUとバルト経済圏の胎動   昭和堂  2009  978-4812208687 
5. 嶋田 巧,高屋 定美,棚池 康信編  危機の中のEU経済統合   文眞堂  2018  978-4830949845 
6. 井上 典之, 吉井 昌彦編  EUの揺らぎ   勁草書房  2018  978-4326302659 
7. 小久保 康之  EU統合を読む: 現代ヨーロッパを理解するための基礎   春風社  2016  978-4861104831 
その他(Others)
月刊誌『ロシア・ユーラシアの経済と社会』 
ISSN 2185-8748
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
欧州連合駐日代表部 http://www.euinjapan.jp/
EU MAG http://eumag.jp/
日本EU学会 http://www.eusa-japan.org/index.html
第6回EUセミナー https://iush.jp/seminar/2017/03/166/ 
注意事項
Notice
企業見学等を実施する場合、先方からの求めによって氏名などの個人情報を提供することがあります。 


PAGE TOP