シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2019 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
その他/専門演習2
(Seminar(3rd Year) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
グローバル化と多文化共生 
担当者 (Instructor) 石井 香世子(ISHII KAYOKO) 
時間割 (Class Schedule) 通年 (Full year) 水曜日(Wed) 3時限(Period 3) 5202(Room)
単位 (Credit) 4単位(4 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CCS3620 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) DD384 
テキスト用コード (Text Code) DD384 



授業の
目標
Course
Objectives
 この授業では、以下の2つを目標としています。① グローバリゼーションと多文化共生に関連した代表的な理論(移民と多文化共生、観光とローカル文化、家族の多文化化、難民問題の背景など)にはどのようなものがあるかを知ること、② 身近な日常生活の中から、グローバリゼーションとは何か・文化とは何かを問い直す経験を積んでもらうこと。それら2つを通じて、グローバリゼーションの時代を生きる人として、将来に生きる力のひとつを身に着けてもらうことを上位目標としています。 
 Specifically, the course aims to achieve the following three points: (1) Students will understand typical theories on globalization and multicultural coexistence (immigration, multicultural coexistence, tourism, local culture, transition to multicultural family, context of refugee issue, etc.), (2) Students will refer to their daily lives around them and keep asking themselves about what globalization and culture are. As part of the globalization population, students will focus on acquiring ability to live in the future through these 2 points. 
授業の
内容
Course
Contents
 グローバリゼーションは時間と空間の圧縮を通じて、もともと多様だった地球上各地に暮らす人々を一挙に「隣人」に位置づけたかに見えます。しかしそれは同時に、新たな問題を我々に突きつけることになりました。そのグローバリゼーションの構造について、この授業では、境界域とエスニシティの側面から学んでいきます。
 具体的には、春学期のあいだは授業の前半を文献講読、後半をその文献の内容をもとにしたディスカッションという形で進めます。これを通じて春学期のあいだに、自分が興味を持てる主題を1人1人に見つけてもらいます。夏休み明けまでに、自分が興味を持ってとり組める自分自身の研究主題を見つけます。そのうえで秋学期の授業では、その主題のもとで調査を企画・実施・分析・報告してもらい、身近なところからグローバル化を問い直してもらいます。 
 Globalization compresses time and space, connecting diverse people living across the globe and making them neighbors. However, we are facing new problem at the same time. In this class, students will learn about globalization structure from perspective of border and ethnicity.
 Specifically, students will read literatures during first half of the class in spring semester. In the second half, students will participate in discussion based on contents of these literatures. During spring semester, students will use the opportunity to discover subjects they are interested in. Before summer holiday, students will discover research subjects they are interested in and work on. In addition, during autumn semester, students will plan and conduct surveys, before analyzing and reporting on them. Students will re-question globalization by looking at their surroundings. 
授業計画
Course
Schedule
1. 春学期ガイダンス 
2. フィールド授業 1 
3. 文献講読+グループ・ディスカッション1 
4. 文献講読+グループ・ディスカッション2 
5. 文献講読+グループ・ディスカッション3 
6. フィールド授業 2 
7. 文献講読+グループ・ディスカッション4 
8. 文献講読+グループ・ディスカッション5 
9. 文献講読+グループ・ディスカッション6 
10. フィールド授業 3 
11. 文献講読+グループ・ディスカッション7 
12. 文献講読+グループ・ディスカッション8 
13. 文献講読+グループ・ディスカッション9 
14. フィールド授業 4 
15. 秋学期ガイダンス 
16. 社会調査の準備(1) 
17. 社会調査の準備(2) 
18. 社会調査の準備(3) 
19. 社会調査の実施(1) 
20. 社会調査の実施(2) 
21. 社会調査の実施(3) 
22. 調査結果の分析(1) 
23. 調査結果の分析(2) 
24. 調査結果の分析(3) 
25. 調査報告・報告書の作成(1)  
26. 調査報告・報告書の作成(2)  
27. 調査報告書発表会(1) 
28. 調査報告書発表会(2) 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
授業の一環として実施する夏合宿(8月第1週目を予定)には積極的に参加して欲しいと考えています。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
最終レポート(Final Report)(40%) 、プレゼンテーション(40%) 、議論への参加、ミニレポート提出、グループ学習への参加(20%)
テキスト
Textbooks
履修者の興味関心に合わせて、随時授業中に指定する。
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 石井香世子  国際社会学入門   ナカニシヤ書店  2017  978-4779511349 
その他(Others)
その他、適宜、授業のなかで提示する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
http://www2.rikkyo.ac.jp/web/kayokoishii/ 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP