シラバス参照

科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
その他/専門演習2
(Seminar(3rd Year) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
メディア・コミュニケーション論、インターネット社会論 
担当者 (Instructor) 木村 忠正(KIMURA TADAMASA) 
時間割 (Class Schedule) 通年 (Full year) 月曜日(Mon) 4時限(Period 4) 7204(Room)
単位 (Credit) 4単位(4 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CMS3620 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) DE387 
テキスト用コード (Text Code) DE387 



授業の
目標
Course
Objectives
本演習(ゼミ)は、「メディア・コミュニケーション」を主題としている。ただ、従来のマスメディアではなく、ソーシャルメディアなどの「インターネットを介したコミュニケーション」(オンラインコミュニケーション)の調査研究が中心である。21世紀前半の社会は、インターネット、AI、ロボティクスなどの情報通信技術の革新が拡大し、社会は大きく変動することになる。マスメディアは引き続き大きな役割を果たすが、ソーシャルメディアなどのインターネット・コミュニケーションの果たす役割は一層大きく拡大していく。そこで、インターネットを中心とした情報通信技術と社会との関係(インターネット社会論)とオンラインコミュニケーションに関する基本的知識を身につけるともに、オンラインコミュニケーションを中心としたメディア・コミュニケーションについて、専門的な調査研究のリサーチデザインを設計、調査研究を遂行し、成果を生み出すための、基本的な概念、方法、理論を学び、卒論への準備と実践を介して必要とされる能力を養成することを目標とする。 
The main theme of this seminar is "Media Communication." By "Media Communication," this seminar mainly focuses on Communication via the Internet, e.g., social media, or Online Communication rather than on traditional Mass Communication. In the first half of the 21st century, with the explosion of innovations in information and communications technologies such as the Internet, AI, and robotics, society has been and will be greatly changed. Mass media will continue to play a major role, but the role played by Internet communication, such as social media, will further expand. Therefore, this seminar stimulates students to acquire foundational knowledge about Internet studies and online communication studies. In addition, you are required to learn basic concepts, methodologies and theories to design your research strategies, to carry out research, to collect evidence and to write up your findings and analysis. During the course of learning, you are expected to learn to formulate and conduct research for graduation thesis. 
授業の
内容
Course
Contents
授業の目標にしたがい、春学期は、リサーチデザイン設計方法、メディア・コミュニケーション研究、インターネット社会論に関する基本的な理論、方法を学びながら、履修者各自が、調査するテーマ(卒論まで発展させることを念頭におく)を固めていく。同時に、グループ学習の経験と能力を養成するために、複数人で取り組む課題を設定するとともに、メディア・コミュニケーションに関する社会調査を計画する。春学期の後半から秋学期にかけては、各自のテーマとグループテーマ、社会調査に関して、先行研究の把握、資料収集、データ収集など調査研究活動を行い、社会調査を実施する。秋学期の後半にはそれぞれの調査の進捗報告を行いながら、結果をレポートへとまとめながら、プレゼンテーションを行う。なお、年度中、ネット関係、メディア関係者から直接話を聞く機会も設ける予定である。 
In the spring semester, students will study the basic theories and methodologies related to media and communication studies, the Internet studies, and research strategies. Each student is also required to articulate research topics and questions, which will lead to graduation thesis. At the same time, in order to familiarize yourself with and cultivate the ability of group learning, tasks of group activities and discussions will be assigned.
In the second half of the spring semester and the fall semester, students are engaged in planning of social survey research on media communication among college students. During the course of individual work and group work, you are required to survey literature, to search for relevant research and to collect data.
In the second half of the fall semester, while making progress reports on individual research and group research, you must summarize the results to make a presentation and write an essay which will be the basis of graduation thesis in the next senior year. 
授業計画
Course
Schedule
1. ガイダンス 
2. リサーチデザイン概説(1) 
3. リサーチデザイン概説(2) 
4. メディア・コミュニケーション研究概説(1) 
5. メディア・コミュニケーション研究概説(2) 
6. インターネット社会論概説(1) 
7. インターネット社会論概説(2) 
8. リサーチデザイン中間報告(1) 
9. リサーチデザイン中間報告(2) 
10. リサーチデザイン中間報告(3) 
11. グループリサーチテーマ、グループ分け 
12. リサーチデザイン発表・社会調査検討(1) 
13. リサーチデザイン発表・社会調査検討(2) 
14. リサーチデザイン発表・社会調査検討(3) 
15. グループリサーチ報告(1) 
16. グループリサーチ報告(2) 
17. 調査研究進捗報告(1) 
18. 調査研究進捗報告(2) 
19. 調査研究進捗報告(3) 
20. 調査研究進捗報告(4) 
21. 社会調査進捗報告(1) 
22. 社会調査進捗報告(2) 
23. 調査研究成果発表(1) 
24. 調査研究成果発表(2) 
25. 調査研究成果発表(3) 
26. 調査研究成果発表(4) 
27. 社会調査成果発表(1) 
28. 社会調査成果発表(2) 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
個別リサーチ、グループリサーチ、社会調査とも、中間報告、進捗報告、成果発表に向けての準備を行うとともに、授業におけるフィードバックを受けて、検討しなおし、ブラッシュアップすること。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
最終レポート(Final Report)(30%) 、グループリサーチへの貢献(20%) 、個別リサーチでの活動状況・ゼミへの貢献(20%) 、中間報告、進捗報告、成果発表時の提出物(30%)
テキスト
Textbooks
開講時に指示する。
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 木村忠正  『デジタルネイティブの時代』   平凡社  2012  4582856608 
2. 木村忠正  『ハイブリッド・エスノグラフィー』   新曜社  2018  9784788515833 
その他(Others)
その他、授業時に指示する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
科目担当者のHPも参照すること。
URL: http://www2.rikkyo.ac.jp/web/tdms/hp.j.html
 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP