シラバス参照

科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/基礎演習
(Introductory Seminar for Sociological Research) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 社会学部教員が担当 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 木曜日(Thu) 2時限 5207
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
SOX1020 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) クラスは春学期末に社会学部掲示板で発表する 
テキスト用コード (Text Code) DK086 



授業の
目標
Course
Objectives
「大学で研究すること」を経験するとともに,その基礎を学ぶ。 
授業の
内容
Course
Contents
大学での学びは,自ら問いを立てて,この問いに沿って研究をすすめ,成果をまとめるという過程である。この演習ではこうした一連の過程を経験するために「PBL(Project Based Learning)」という方式を導入し,自分たちの問題意識に従ってテーマを設定し,自分たちで仮説を立て,データを集め,なんらかの答えを出して最終レポートにまとめていく。このなかで,レジュメ作成や報告・討論のしかた,レポート執筆上のルールやマナーなど,研究(学び)のために必要な基礎的能力を身につけていく。
演習形式の授業は,講義形式のもの以上に毎回の出席と授業への積極的な参加が要求されるので,この点をよく理解して履修すること。
なお課題量、クラスの進め方などは、担当教員によって異なる。 
授業計画
Course
Schedule
1. オリエンテーション−大学で学ぶということ 
2. テーマ設定について 
3. 仮説の設定について 
4. データ収集について 
5. レジュメ作成について 
6. 報告・討論について 
7. レポート執筆上のルール 
8. レポート執筆上のマナー 
9. テーマ設定とグルーピングについて 
10. フィールド調査について 
11. 発表について 
12. 報告書の作成について(1) 
13. 報告書の作成について(2) 
14. まとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
準備学習も含め,授業に関連する情報を掲示することがあるので,よく注意すること。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業への出席,通常のゼミ時での貢献,最終レポート等によって評価を行う。(100%)
テキスト
Textbooks
事前に提示する。
参考文献
Readings
適宜授業で指示する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
事前にテキストを読み、最初の授業でレポートを提出する。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP