シラバス参照

科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/言語・コミュニケーション研究入門
(Overview of Language and Communication Studies) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
 
担当者 (Instructor) 異文化専任教員 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 水曜日(Wed) 2時限(Period 2) 5321(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ICC1510 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 2016年度以降入学者対象 
テキスト用コード (Text Code) DM001 



授業の
目標
Course
Objectives
異文化コミュニケーション学部における導入科目であり、言語およびコミュニケーションの研究についての基本的な知識を得ることを目標とする。担当教員がそれぞれの専門分野について入門的な内容を講義することで、異文化コミュニケーション学部でなにをどのように学ぶのか、履修者が自分で考え判断する機会と材料を提供することを目的とする。 
The goal of this College of Intercultural Communication introductory course is to teach students the basic knowledge of language and communication research. Instructors will lecture on introductory material in their respective areas of specialization to provide students with the opportunities and materials they need to decide for themselves what and how to study at the College of Intercultural Communication. 
授業の
内容
Course
Contents
本科目は輪講形式で行われ、担当教員がコミュニケーション研究、通訳翻訳研究、言語研究、英語教育、日本語教育の分野について講義を行う。 
Instructors will take turns lecturing on communication studies, interpreting and translation studies, language studies, English language education and Japanese language education. 
授業計画
Course
Schedule
1. オリエンテーション:異文化コミュニケーション学部で何を学ぶか 
2. 輪講①(コミュニケーション研究) 
3. 輪講②(コミュニケーション研究) 
4. 輪講③(コミュニケーション研究) 
5. 輪講④(言語研究・英語教育) 
6. 輪講⑤(言語研究・英語教育) 
7. 輪講⑥(言語研究・英語教育) 
8. 輪講⑦(言語研究・英語教育) 
9. 輪講⑧(言語研究・英語教育) 
10. 輪講⑨(日本語教育) 
11. 輪講⑩(日本語教育) 
12. 輪講⑪(通訳翻訳研究) 
13. 輪講⑫(通訳翻訳研究) 
14. まとめ、最終レポート提出 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
毎回の授業で指示する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
各回の参加および課題(60%) 、最終レポート(Final Report)(40%)
テキスト
Textbooks
特定の教科書は使用しない。
参考文献
Readings
各授業で適宜紹介する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP