シラバス参照

科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/基礎演習B
(Academic Skills B) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
 
担当者 (Instructor) 丸山 千歌(MARUYAMA CHIKA) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 水曜日(Wed) 3時限(Period 3) X208(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ICC1510 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 学びの技法
2016年度以降入学者対象 
テキスト用コード (Text Code) DM024 



授業の
目標
Course
Objectives
「基礎演習A」で身につけた力をさらに伸ばし,情報リテラシー,論理的思考を磨き,さらに,議論, 発表,レポートなど,それぞれに適切な形で発信する方法を身につける。 
Students will build further on the skills they learned in Academic Skills A, refining their information literacy and logical thinking skills and mastering appropriate methods of originating discussion and producing presentations and reports. 
授業の
内容
Course
Contents
春学期の「協働学習」形式を継続し,論理的思考, 議論の方法,口頭発表およびレポート執筆の方法を引き続き学んでいく。秋学期は、とくに次の3点に重点をおいて授業をすすめていく。
1)課題テクストの予習(テクスト内容の正確な理解とそれに対する自分の意見の構築)
2)ディスカッション(他者の意見を聞き,自分の意見を論理的に述べ,議論を深める)
3)課題のテーマに関連するトピックについて調査,考察し,口頭発表,および小レポートをまとめる。
口頭発表は,グループで議論し共同で完成させる。各自が自分のテーマについて書く小レポートは,互いに評価・批評することで,レポートを書く方法,論理的な文の書き方について学んでいく。 
Students continue to study logical thinking and methods of discussion, oral presentation and report writing under
the same cooperative learning format as the spring semester. Fall semester classes will focus in particular on the following three points:
(1) Preparation with assigned texts (properly understanding and forming a personal view of the content of the
texts)
(2) Discussion (furthering discussion by listening to other people’s views and logically communicating personal views)
(3) Investigating, considering, giving oral presentations and writing mini-reports on topics related to assignment
themes.
Students will discuss, create and complete oral presentations in groups. Students will write mini-reports on themes of their choice and evaluate and critique each other’s mini-reports to learn how to write reports and logical prose.

 
授業計画
Course
Schedule
1. ガイダンス
夏休み課題に関するディスカッション 
2. 協同学習①-1 
3. 協同学習①-2(グループ発表) 
4. 協同学習①-3 
5. レポートの書き方①、ピア・レビュー 
6. 協同学習②-1  
7. 協同学習②-2(グループ発表) 
8. 協同学習②-3 
9. レポートの書き方②、ピア・レビュー、最終発表グループ分け  
10. 最終発表準備 
11. プレゼンテーション・ワークショップ 
12. クラス発表会 
13. ピア・レビュー 
14. 授業のまとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
毎回の授業で指示する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
最終レポート(Final Report)(20%) 、授業参加度(40%) 、小レポート(10%) 、課題図書レポート(10%) 、協同学習(20%)
テキスト
Textbooks
「基礎演習A」を参照。
参考文献
Readings
授業内で指示する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
授業計画の詳細については, 初回に配付される講義内容を参照のこと。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP