シラバス参照

科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
その他/サ-ビスラ-ニングA
(Service Learning A) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
西池袋中学校の外国人生徒に対する学習支援 
担当者 (Instructor) 丸山 千歌(MARUYAMA CHIKA)
王 媛(WANG YUAN) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 木曜日(Thu) 5時限(Period 5) 9205(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ICC2723 
使用言語
(Language)
その他
(Others) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) DM182 



授業の
目標
Course
Objectives
地域連携活動としての豊島区内の中学校への入り込みによる支援や本学内における学習サポート活動を通して、自己のコミュニケーション能力を高めるとともに、異文化社会そのものへの理解を深め、学部で学ぶ異文化コミュニケーション学に近づけて考察することができる。 
As an activity carried out in cooperation with the local community, S students will be providing assistance in junior high schools in the Toshima ward and also learning support here at the University. Through this process, along with improving their communication skills, students who take part will develop a better understanding of cross-cultural societies and become able to consider more closely the Intercultural Communication we study within the College. 
授業の
内容
Course
Contents
履修前学期に選考を行い、事前学習の後、中学校や本学内でのサポート活動を行う。また、活動期間中に中間学習、終了後に事後学習を実施する。サポート活動は以下の2タイプに分かれる。
①中学校の授業において外国人生徒のために通訳等のコミュニケーション上のサポートを行う。(募集人員10名)
  履修においては、日本語および中国語において十分なコミュニケーション能力を有すること。
  日本語母語話者の場合 中国語検定2級以上、HSK 5級程度
  日本語非母語話者の場合 立教日本語プレイスメントテストJ7程度
②中学校の放課後、主に立教大学において個別の学習指導を行う。(募集人員15名)
  履修にあたっては事前学習で日本語学習支援についての講義を受けること。
③中学校の放課後、主に立教大学において日本語学習支援を行う。(募集人員15名)
 履修にあたっては事前学習で日本語学習支援についての講義を受けること。 
Student selection will take place in the semester prior to registration and after undertaking preparatory training, students will provide support through activities at junior high schools or within the University. Also, during the activity period there will be interim training and once the activities have ended follow-up training will be carried out. Support activities are divided into the following two types:
1. Language support provided to foreign students in junior high school classes. (10 places available)
In order to register, candidates must have sufficient Japanese and Chinese communication ability, as specified below. Native Japanese speakers: Chugokugo Kentei Chinese Proficiency Test Level 2 or HSK Level 5 Non-native Japanese speakers: Rikkyo Japanese Placement Test Level J7
2. Individual study guidance after junior high school hours, mainly provided at Rikkyo University. (15 places available) As part of the registration process candidates will attend a preparatory training lecture on Japanese language learning support.
3. Japanese language learning support provided after junior high school hours, mainly at Rikkyo University. (15 places available) As part of the registration process candidates will attend a preparatory training lecture on Japanese language learning support. 
授業計画
Course
Schedule
1. 事前学習① 
2. 事前学習② 
3. 事前学習③ 
4. 事前学習④ 
5. 実習① 
6. 実習② 
7. 実習③ 
8. 中間学習 
9. 実習④ 
10. 実習⑤ 
11. 実習⑥ 
12. 実習⑦ 
13. 事後学習および発表① 
14. 事後学習および発表② 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
実習の進行と、サポートする生徒の状況に従って随時指示する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
事前学習における参加度(15%) 、実習における貢献度(60%) 、事後学習におけるレポートおよびプレゼンテーション(25%)
テキスト
Textbooks
適宜プリント教材を配付する。
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 宮島喬  『外国人の子どもの教育: 就学の現状と教育を受ける権利』   東京大学出版会  2014  4130530216 
2. 宮島喬他編  『外国人の子どもと日本の教育―不就学問題と多文化共生の課題』   東京大学出版会  2005  4130501623 
3. 佐久間孝正  『多国籍化する日本の学校: 教育グローバル化の衝撃』   勁草書房   2015  4326299096 
4. 齋藤ひろみ他  『外国人児童生徒のための支援ガイドブック~子どもたちのライフコースによりそって~』   凡人社  2011  4893587994 
5. 齋藤ひろみ他編  『外国人児童生徒の学びを創る授業実践 -「ことばと教科の力」を育む浜松の取り組み』   くろしお出版  2015  4874246621 
6. 臼井智美  『ことばが通じなくても大丈夫! 学級担任のための外国人児童生徒サポートマニュアル』   明治図書出版  2014  4180960265 
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP