シラバス参照

科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
その他/海外フィ-ルドスタディA
(Overseas Field Studies A) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
モンゴルを体験し、学ぶ 
担当者 (Instructor) 奥野 克巳(OKUNO KATSUMI) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期他 (Fall Others)    
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ICC1723 
使用言語
(Language)
その他
(Others) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) DM184 



授業の
目標
Course
Objectives
海外のフィールドにおいて、異なる生活や文化、その国が抱える社会問題などを、体験を通じて学ぶ。また、その国の人々との交流、対話、協働を通し、異文化社会における自己のコミュニケーション能力の涵養をはかる。 
Through the experience of being in a foreign nation, students learn about different lifestyles/cultures and the societal problems faced by that country. Also, they cultivate improved communication skills within a cross-cultural society through interaction, conversation and cooperation with the people of that country. 
授業の
内容
Course
Contents
本年度は「モンゴル遊牧文化、歴史と環境問題」のプログラムを実施する。授業は、海外での実習に関連する事前学習、海外実習(2週間程度)、帰国後に実習で学んだことを整理する事後学習で構成されている。なお、本科目は秋学期履修登録科目であるが、履修者の選考は春学期に行う(応募受付期間:5月13日~16日)。その後、春学期に事前学習を行い、夏季休暇中に海外実習、秋学期に事後学習を行う。各プログラムの事前・事後学習の日程、渡航日程や内容等の詳細は、シラバスの「その他」「注意事項」欄、募集説明会(4月3日および4月17日))や異文化コミュニケーション学部掲示板に掲示する募集要項にて確認すること。 
This year’s program will cover ‘The culture, history and environmental issue of Mongolian nomadism’. Lessons will consist of, preparatory training linked to overseas practical work, overseas practical work (around two weeks), and follow-up training to organize things learned during the practical work, after returning to Japan. Furthermore, despite this course being a registered fall semester module, student selection will occur in the spring semester (Application and Registration Period: May 13 - May 16). After that, preparatory training will be carried out in the spring semester, with overseas practical work during the summer vacation and follow-up training taking place in the fall semester. Please check the preparatory and follow-up training schedule, travel schedule and itinerary details in the “Extra Information” and “Precautions” sections of the syllabus, at the recruitment meeting (April 3 and April 17), or in the recruitment information posted on the College of Intercultural Communication’s bulletin board. 
授業計画
Course
Schedule
1. 事前学習1:イントロダクション‐プログラムの趣旨説明、授業の進め方など 
2. 事前学習2:フィールドスタディ実施国の概要についての講義 
3. 事前学習3:学習テーマについての講義とフィールドワークの心構えについての講義 
4. 事前学習4:現地実習に向けた準備・リスク管理について 
5. 事前学習5:自己の学習目標について(プレゼンテーション) 
6. 海外実習 
7. 海外実習 
8. 海外実習 
9. 海外実習 
10. 海外実習 
11. 海外実習 
12. 海外実習 
13. 事後学習1:現地実習の振り返りと共有、報告会、レポートの準備 
14. 事後学習2:報告会 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
毎回の授業で指示する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
事前学習への参加(25%) 、現地実習への参加態度(50%) 、事後学習への参加および口頭発表(15%) 、学習内容の報告(レポート)(10%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 奥野克巳・花渕馨也共編  『文化人類学のレッスン:フィールドからの出発[増補新版]』   学陽書房  2011  978-4313340213 
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
【1】 履修と選考
・履修に当たっては事前に選考あり 定員10名

◎募集スケジュール
3月25日(月)各プログラムの募集要項掲載(学部掲示板)
4月3日(水)13:00-13:30:募集説明会
4月17日(水)12:40-13:10:募集説明会
 ※履修希望者はいずれかの募集説明会に参加すること。
5月13日(月)~16日(木):応募受付期間
5月17日(金):面接日程発表(メール)
5月20日(月)~24日(金):面接期間
5月31日(金):履修者決定・発表(学部掲示板)

【2】事前・事後学習の日程
事前学習1 6月6日(木)5限
事前学習2 6月13日(木)5限
事前学習3 6月27日(木)5限
事前学習4 7月11日(木)5限
事前学習5 7月18日(木)5限
事後学習1 9月中旬
事後学習2 9月26日(木)5限

【3】その他
・海外実習の参加費は自己負担となります。各プログラムの費用については募集要項を確認してください。
・この科目は履修中止不可科目です。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP