シラバス参照

科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
その他/海外インターンシップ(CIC)
(Overseas Internship (CIC)) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
海外の大学で日本語を教えよう 
担当者 (Instructor) 池田 伸子(IKEDA NOBUKO)
丸山 千歌(MARUYAMA CHIKA) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期他 (Fall Others)    
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ICC3123 
使用言語
(Language)
その他
(Others) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) DM195 



授業の
目標
Course
Objectives
外国語としての日本語の特徴、外国語としての日本語の教授法などについて教室で学んだ知識を、実際の日本語教育の現場で実践することを通して、学生に日本語を教えるということがどういうことかを経験的に学び、求められる教師とはどのような教師かを経験的に認識する。 
Knowledge of topics such as, ‘The characteristics of Japanese as a foreign language’ and ‘The pedagogy of Japanese as a foreign language’ acquired in the classroom, will be utilized in an actual Japanese teaching situation. This process will teach students through experience what it means to teach Japanese to students and allow them to experientially recognize desirable teacher qualities. 
授業の
内容
Course
Contents
危機管理を含む十分な事前活動を行った上で、海外の大学をフィールドにした日本語教育実習を行う。それぞれの現場に必要な教材作成、毎回の授業の教案作成を行い、日本語や日本語教授法について学んだ知識を活用して、実践的に日本語教育の実習を行う。実習後は、事後活動において、自らが経験した実習での学びを振り返るとともに、そこで気づいた海外の日本語教育現場の抱える課題、それを解決するための方法などについても共有し、実習での経験をさらなる学びにつなげていく。事前活動や事後活動の日程などは、履修要項などでしっかり確認して参加すること。事前学習は6月から7月にかけて、事後活動は9月から10月にかけて実施する。また、実習のスケジュールは、実習先によって異なるため、各自、履修要項、4月に実施する説明会で必要な事項を確認し、定められた期間に履修の申請手続きを行うこと。 
Once sufficient preparatory training, that includes risk management, has been completed, practice for teaching Japanese in an overseas university will be carried out. Prepare the teaching materials needed at each of the educational sites and a teaching plan for every lesson. Utilize previously acquired knowledge of Japanese and Japanese pedagogy, to conduct Japanese teaching practice in a practical manner. After the teaching practice, use the follow-up activity to review what you have learned during your personal experience of practicing teaching. In order to link your teaching practice experience to further learning, please also share any issues facing overseas Japanese-language education providers that you picked up on during your placement and possible solutions to these problems. Please ensure you properly check relevant details, such as the schedule for preparatory and follow-up activities, in the enrollment information before participating. Preparatory training will take place throughout June and July, with follow-up training occurring during September and October. Also, as the teaching practice schedule varies depending on the host institution, each student should ensure that they apply during the correct period by checking the necessary details in the enrollment information pack and also at the recruitment meeting held in April. 
授業計画
Course
Schedule
1. 事前活動1 
2. 事前活動2 
3. 事前活動3 
4. 事前活動4 
5. 事前活動5 
6. 海外大学での実習1 
7. 海外大学での実習2 
8. 海外大学での実習3 
9. 海外大学での実習4 
10. 海外大学での実習5 
11. 海外大学での実習6 
12. 海外大学での実習7 
13. 事後活動1 
14. 事後活動2 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
授業時間外の学習に関する指示は、必要に応じて別途指示する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
事前活動への参加度(40%) 、事後活動への参加度(30%) 、インターンシップ先での実習(30%)
備考(Notes)
この科目の評価は、「合格」「不合格」で示す。
テキスト
Textbooks
特になし。必要な場合は事前、事後活動で示す。
参考文献
Readings
必要なものは適宜示す。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
1)この科目は、海外の大学で日本語を教えるという実習を含むため、事前に、「日本語学概論A、B」「日本語教授法A、B」を修得済みであることが必要である。
2)海外の大学が実習先となるため、自己管理を含め、責任ある態度で参加することを強く求める。
3)海外フィールドスタディとの合同授業にも参加すること。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP