シラバス参照

科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
その他/インターンシップ
(Internship) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 松下 佳世(MATSUSHITA KAYO)
丸山 千歌(MARUYAMA CHIKA) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期他 (Fall Others)    
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ICC1723 
使用言語
(Language)
その他
(Others) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) DM648 



授業の
目標
Course
Objectives
就業体験を通して、大学4年間の学びの先にあるキャリアプランを考えるとともに、異文化コミュニケーション学部での学びがどう社会と結びついているのかを知る。教室での学びだけではなく、教室外での経験を通して、自分と社会とのつながりを意識するようになる。 
Through actual work experience, students will be given the opportunity to think about their career plan beyond their four years at the university and understand how the courses provided by the College of Intercultural Communication are linked to the real world. In addition to classroom learning, students will be given the opportunity to obtain experience in the field, helping them become aware of their own connection to society. 
授業の
内容
Course
Contents
春学期中に履修者の選考及び事前研修を経て,夏季休暇中に各企業にインターンとして派遣する。派遣期間は10日~14日。秋学期に報告会を実施する。
なお,本科目は秋学期履修登録科目であるが,履修希望者は4月中旬に始まるエントリー期間に履修申請すること。履修資格,履修登録および全体スケジュール等の詳細については履修要項で必ず確認すること。  
Student selection and preparatory training will take place during the spring semester and students will be sent to respective companies as interns during the summer recess. The duration of the internship is 10 to 14 days. A debriefing session will be conducted in the fall semester.
Although this course is scheduled for the fall semester, candidates wishing to enroll need to apply during the entry period which begins in mid-April. Please check the course guidebook for details such as the qualifications for enrollment, the course registration process and the overall schedule. 
授業計画
Course
Schedule
1. 説明会・エントリーシート・課題レポートの提出  
2. 面接 
3. 事前研修(1)   
4. 事前研修(2)  
5. 事前研修(3) 
6. 各企業における実地研修(1)  
7. 各企業における実地研修(2)  
8. 各企業における実地研修(3)  
9. 各企業における実地研修(4)  
10. 各企業における実地研修(5)  
11. 各企業における実地研修(6)  
12. 各企業における実地研修(7)  
13. 事後報告会(1)  
14. 事後報告会(2)  
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
毎回の授業で指示する。  
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
事前研修での参加度(30%) 、インターンシップ研修先の評価(40%) 、事後報告会での報告内容(30%)
備考(Notes)
成績は「合格」「不合格」のいずれかで評価する。
テキスト
Textbooks
適宜指示する。
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
1)事前研修(1)は6月6日(木)5限に行う。
2)事前、事後学習は各受講者が自発的に考え、発言することが求められる。特に事後学習では受講者一人一人がプレゼンテーションを実施するため、積極的な態度が求められる。
3)各参加者のプレゼンテーションについては、次の回の授業でフィードバックを行う。
4)連絡事項、資料の配付などはBlackboardを通して実施する。 
注意事項
Notice
本科目は、インターンシップや学外活動等の実践的な学びを中心に構成する授業である。 


PAGE TOP