シラバス参照

科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
DM660/人と移動研究
(Human Migration Research) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 飯島 みどり(IIJIMA MIDORI) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 水曜日(Wed) 3時限(Period 3) 5504(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ICC3440 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) DM660 



授業の
目標
Course
Objectives
 「グローバル化」といった紋切型に頼らず、近代の世界がどのように人間を移動させてきたか冷静に見つめ直す姿勢を養う。 
Globalization as a term leads us to a brain freeze. We, the human beings have always been trotamundos. Let us assume a critical attitude toward the term to observe human displacements in the Modern Era from a broader angle. 
授業の
内容
Course
Contents
 「移動」が「問題」になるのは「境界線」が存在するからである。このことを具体的に確認した上で19世紀後半の大西洋世界を中心に個別事例を採り上げ、考察を深める。 
No border, no migrants. The Nation-State does invent and create divisions between nationals and foreigners. We should recognize this “another side of the same coin” from critical and practical viewpoints. Then we learn and
analyze historical movement developed over the trans-Atlantic world especially in the second half of the 19th century. 
授業計画
Course
Schedule
1. 自分にとっての「移動」とは 
2. 定住と遊動 
3. 国民国家というシステム(個人と国家) 
4. push要因/pull要因 
5. 国民管理の方法 その1 
6. 国民管理の方法 その2 
7. 交通手段と移動 
8. 移民と植民 
9. 大西洋世界における移動 その1 
10. 大西洋世界における移動 その2 
11. 大西洋世界における移動 その3 
12. 移動と暴力 
13. 人類史にとっての「移動」とは 
14. まとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
 グーグル検索ではなく自分の頭の中に地図を描く訓練。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
筆記試験(Written Exam) 100  %  
テキスト
Textbooks
プリント配布。
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 藤澤 房俊  『「クオーレ」の時代』   ちくま学芸文庫  1998   
2. ジョン・トービー  『パスポートの発明』   法政大学出版局  2008   
その他(Others)
ほか適宜紹介。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
 必要に応じ英語、スペイン語、ポルトガル語、フランス語等の資料を使用する。既知の言語でなくても眺めてみようという気概を求める。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP