シラバス参照

科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
その他/海外留学研修C2
(Overseas Study Program C2) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) マーティン,R.(MARTIN,RON R.) 
時間割 (Class Schedule) 春学期他 (Spring Others)    
単位 (Credit) 12単位(12 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ICC2623 
使用言語
(Language)
その他
(Others) 
備考 (Notes) 2016年度以降入学者対象 
テキスト用コード (Text Code) DM678 



授業の
目標
Course
Objectives
2年次秋学期に英語・独語・仏語・西語・中国語・朝鮮語のいずれかの言語圏へ留学し,当該言語の運用能力の向上と異文化対応能力を養う。 
In the fall semester of their second year, students will study abroad in a country or region where English, German, French, Spanish, Chinese or Korean is spoken in order to improve their proficiency in their second language and their ability to cope with different cultures. 
授業の
内容
Course
Contents
1年次春学期から国別説明会等を行い,準備を始める。1年次秋学期に留学先大学を決定し,願書を提出する。2年次春学期には,留学先として選択した言語圏の語学力強化科目(「CS3A-R」または「CS3B-R」)を受講し,同時に留学先別事前オリエンテーションなどに参加する。
学部間協定校へ留学し、留学先の大学では,基準を満たしている場合にはアカデミックプログラム,満たしていない場合にはランゲージプログラムに参加することができる。
また,ホームステイや寮生活,現地の人々との交流などを通して留学先の文化を学ぶ。留学に向けてセミナー等を行う。これらのスケジュールなどを下記の日時に説明するので,必ず出席すること。
1年次:4月11日(木)3限 (場所:TBD教室: CLP授業内)
2年次:4月16日(火)5限 (場所:TBD教室)
必要な連絡は学部掲示板およびV-Campus BLACKBOARD等で行うため, 常に確認すること。SPIRIT Gmailも携帯電話に転送するよう設定すること。 
Students will begin preparing and attending briefings and the like for individual countries starting in the spring semester of their first year. In the fall semester of their first year, students will determine the universities at which they want to study abroad, and submit applications. In the spring semester of their second year, students will take courses (CS3A-R or CS3B-R) to strengthen their abilities in the languages spoken in the countries they chose for their study abroad, and participate in orientations and other events held for destination countries in advance of their time abroad. Students who do not meet a certain level of language ability will take mainly language courses at the universities at which they study abroad, but students who do meet that level are able to take classes and participate in programs at those universities. Students will also learn the cultures of their destination countries through homestays, dorm life and interacting with people who live there. Seminars and the like will be held to help students prepare for studying abroad. Students must attend the session on the date below to receive schedules and other information about these seminars.

First year: Thursday, April 11, 3rd period
Second year: Tuesday, April 23, 5th period

Students should make a habit of checking the CIC bulletin board and V-Campus Blackboard for important notices. Students should also set Spirit Gmail to be forwarded to their mobile phones. 
授業計画
Course
Schedule
1. Introduction & ガイダンス 1 
2. ガイダンス 2 
3. ガイダンス 3 
4. ガイダンス 4 
5. 体験学習 1 
6. 体験学習 2 
7. 体験学習 3 
8. 体験学習 4 
9. 体験学習 5 
10. 体験学習 6 
11. 体験学習 7 
12. 体験学習 8 
13. ふりかえり 1 
14. ふりかえり 2 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
毎回の授業で指示する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
留学先での履修科目(全タームで合格となることが必要) (45%) 、外国語のレポート(15%) 、留学先のベスト・ワーク(40%)
備考(Notes)
2019年度の留学の成績評価方法・基準については2019年度シラバスで確認すること。
テキスト
Textbooks
各派遣先大学で指定されたものを使用する。
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
BLACKBOARDで指示する。
シドニー大学への留学は海外留学研修C1の評価基準で評価する。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP