シラバス参照

科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
DM690/日本語教授法A
(Teaching of Japanese as a Foreign Language A) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 丸山 千歌(MARUYAMA CHIKA) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 火曜日(Tue) 3時限(Period 3) X304(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ICC3140 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) DM690 



授業の
目標
Course
Objectives
外国語としての日本語の諸特性をふまえ,外国語としての日本語をどう効率的に教えていくかについての基礎を理解し,説明することができる。 
Students will learn and gain the ability to explain the basics of how to effectively teach Japanese as a foreign language in light of the various properties of Japanese as a foreign language. 
授業の
内容
Course
Contents
「国語」ではなく,「外国語としての日本語」の効率的な考え方について考えていく。日本語教師になるために最低限必要な知識を身につけるとともに,具体的な教授法分析,教材分析も行う。 
Students will learn effective approaches to considering Japanese as a foreign language, not as their own native language. Students will master the minimum knowledge required of Japanese language teachers and analyze specific teaching methods and course materials. 
授業計画
Course
Schedule
1. 授業説明、日本語教育と国語教育、第1章 日本語教育の特色 
2. 日本語教育の特色、母語の学習と外国語教育 
3. 日本語教育の目標 
4. 日本語の音声の特徴とその指導 
5. 日本語の文法とその指導① 
6. 日本語の文法とその指導② 
7. 日本語の文法とその指導③ 
8. 日本語の文字とその指導、日本語の語彙とその指導 
9. ドリルの種類 
10. 外国語教授法のいろいろ① 
11. 外国語教授法のいろいろ② 
12. 日本語教育の歴史 
13. 日本語教育用教科書 
14. 振り返り・テスト 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
毎回の授業で指示する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
出席及び授業への参加度(30%) 、課題提出(30%) 、数回のテスト(40%)
テキスト
Textbooks
プリント教材
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 石田敏子  改訂新版 『日本語教授法』   大修館書店  1996  97-8-4-469-22107-7 
2. 高見澤孟  『新・はじめての日本語教育2 日本語教授法入門』   アルク  2004  4-87217-515-8 
3. 日本語教育学会編  『日本語教育機関におけるコース・デザイン』   凡人社  1991  4-89358-123-6 
4. 日本語教育学会編  『タスク日本語教授法』   凡人社  1995  4-89358-323-9 
5. 近藤安月子   『日本語教師を目指す人のための日本語学入門』    研究社  2008  978-4-327-38452-4 
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP