シラバス参照

科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
EX019/憲法B(統治)(その他)
(Constitutional Law B(Government)) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 岡野 誠樹(OKANO NOBUKI) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 月曜日(Mon) 4時限(Period 4) M301(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
LPX2100 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 法学科3年次以上,国際ビジネス法学科2年次以上,政治学科2年次以上 
テキスト用コード (Text Code) EX019 



授業の
目標
Course
Objectives
憲法学の体系のうち、講学上の「統治機構論」に該当する領域について、正確な理解を得る。判例・学説の蓄積を資源として、自ら問題を把握し、説得力ある議論を展開する能力を涵養することが、期待される。 
The objective of this course is to achieve an accurate understanding of the area concerning “governmental mechanisms” within the system of Constitutional Law. Students are expected to understand problems on their own and cultivate the ability to develop persuasive arguments using the accumulated judicial precedents and theories as resources. 
授業の
内容
Course
Contents
日本国憲法が定める統治機構の全体設計への視点が疎かにならないよう意を用いつつ、個々の裁判例、学説間の対立が、いかなる具体的な問題について議論を重ねてきたか、丁寧に講述する。具体的な解釈論と関連性を有する範囲で、抽象度の高い理論的な問題にも立ち入るが、両者の間の連関は常に意識して講義を進める。適宜、比較法的な指摘も織り交ぜていきたいと考えている。 
The classes will lecture about how individual court precedents and the debates between opposing theories have been discussing any specific problems while taking care not to neglect a perspective of the overall design of government institutions established by Japanese Constitutional Law. The classes will also cover highly abstract theoretical problems within a scope of specific interpretation and relevance but proceed while always keeping in mind the linkages between the two. Comparative law will also be interwoven to highlight certain aspects when appropriate. 
授業計画
Course
Schedule
1. 導入(1) 
2. 導入(2) 
3. 国会(1) 
4. 国会(2) 
5. 国会(3) 
6. 国会と内閣の関係(1) 
7. 国会と内閣の関係(2) 
8. 内閣と行政権(1) 
9. 内閣と行政権(2) 
10. 司法(1) 
11. 司法(2) 
12. 司法(3) 
13. 地方自治 
14. 統治機構の現代的諸課題 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
初回講義後、次回に向けての予習範囲を毎回指示するので、事前に予習すること。
その他、授業時間外の学習に関しては、必要に応じて別途指示する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
筆記試験(Written Exam) 100  %  
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 長谷部恭男  『憲法〔第7版〕』   新世社  2018  9784883842704 
その他(Others)
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
講義形式が中心となる。適宜板書を用いる。
資料の配布のためにBlackboardを使用する。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP