シラバス参照

科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
EX041/商法1
(Commercial Law 1) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 松井 秀征(MATSUI HIDEYUKI) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 月曜日(Mon) 1時限(Period 1) AB01(Room)
春学期 (Spring Semester) 月曜日(Mon) 2時限(Period 2) AB01(Room)
単位 (Credit) 4単位(4 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
LPX2200 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) EX041 



授業の
目標
Course
Objectives
本講義では、わが国の会社法、とりわけ株式会社法の概要、及びその実務における運用等について、理解を深めることを目標とする。 
The objective of this course is for students to deepen their understanding of Japan's Companies Act and in particular to provide an overview of the Stock Corporation Act and its application in business practice. 
授業の
内容
Course
Contents
本講義は、会社法、とりわけ株式会社法を対象とする。わが国経済の変動、そしてグローバル化は、会社法関連の領域にも大きな影響を与えてきた。そもそも企業組織をめぐる法的規律について、どのようなシステムがわが国に適合的であるかを考えるにあたっては、現に事業を展開している株式会社の実態をいかに認識するか、あるいはこれに対する法的規律を支える理論をいかに構築するか等、様々な観点からの検討が必要である。
本講義では、株式会社をめぐる関係者の利害得失をしっかりと見極められる目を養ってもらうことを目的として、以上の多面的な検討を授業内で行っていきたいと考えている。 
The lectures will cover the Companies Act, particularly the Stock Company Act. Japanese economic fluctuations and globalization have also exerted a significant impact on areas related to the Companies Act. When thinking about what types of systems are compatible with Japan in regard to legal frameworks concerning corporate organizations in the first place, they must be evaluated from various perspectives such as how do you recognize the present situation of corporations that are currently developing businesses or how do you construct theories that support the corresponding legal frameworks?
In this course, the classes will focus on a multifaceted examination of the issues described above for the purpose of developing the ability to accurately discern the gains and losses of the relevant persons with respect to corporations. 
授業計画
Course
Schedule
1. 会社法総論 
2. 株式会社の設立① 
3. 株式会社の設立② 
4. 株式会社の機関①:株主総会① 
5. 株式会社の機関②:株主総会② 
6. 株式会社の機関③:株主総会③ 
7. 株式会社の機関④:取締役・取締役会① 
8. 株式会社の機関⑤:取締役・取締役会② 
9. 株式会社の機関⑥:取締役・取締役会③ 
10. 株式会社の機関⑦:取締役・取締役会④ 
11. 株式会社の機関⑧:取締役・取締役会⑤ 
12. 株式会社の機関⑨:取締役・取締役会⑥ 
13. 株式会社の機関⑩:取締役・取締役会⑦ 
14. 株式会社の機関⑪:取締役・取締役会⑧ 
15. 株式会社の資金調達①:株式① 
16. 株式会社の資金調達②:株式② 
17. 株式会社の資金調達③:株式③ 
18. 株式会社の資金調達④:株式の発行① 
19. 株式会社の資金調達⑤:株式の発行② 
20. 株式会社の資金調達⑥:株式の発行③ 
21. 株式会社の資金調達⑦:新株予約権 
22. 株式会社の資金調達⑧:社債 
23. 株式会社の会計① 
24. 株式会社の会計② 
25. 株式会社の組織再編①:合併 
26. 株式会社の組織再編②:株式交換・株式移転 
27. 株式会社の組織再編③:会社分割 
28. 株式会社の組織再編④:事業譲渡 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
事前に次回の授業内容に対応する教科書の該当部分を読み、また事前に提示する演習問題を解いた上で授業に臨むこと。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
筆記試験(Written Exam) 100  %  
備考(Notes)
授業中の発言の内容等を筆記試験の結果に加味する。
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 伊藤靖史ほか  会社法〔第4版〕   有斐閣  2018   
2. 岩原紳作ほか  会社法判例百選〔第3版〕   有斐閣  2016   
その他(Others)
参考文献
Readings
授業初回に紹介する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP