シラバス参照

科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
EX605/演習
(Seminar) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
民法ケースディベート 
担当者 (Instructor) 原田 昌和(HARADA MASAKAZU) 
時間割 (Class Schedule) 通年 (Full year) 金曜日(Fri) 2時限(Period 2) A202(Room)
単位 (Credit) 4単位(4 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
LPX4910 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) その他登録 
テキスト用コード (Text Code) EX605 



授業の
目標
Course
Objectives
民法に関するディベートを通じて、民法の基礎知識、法的思考能力、プレゼンテーション能力を養う 
The objectives of this course are to cultivate the students’ knowledge about Civil Law, the ability to think in a legal manner, and the ability to give presentations through debates about Civil Law. 
授業の
内容
Course
Contents
 大人数講義では、しばしば判例についての説明が行われますが、実際の判例を読んでみると、講義で聞いたのとはまったく違う事件の背景を知ることがよくあります。このゼミでは、大人数講義では十分に学ぶことのできない実際の事件についてより深く勉強するために、主に百選や判例30!シリーズに掲載されている判例を取り上げて、原告側対被告側に分かれてディベートを行います。上級生と一緒のチームを組みますので、2年生からも参加可能です。
 進行方法としては、民法に関する知識を段階的に深められるように、事前に予習用レジュメが配布され、先輩による事前学習会を経たうえで、ディベートを行い、翌週に検討会を行って知識を深めます。財産法に関する論点が中心になりますが、半年の履修を通じて、民法の基礎知識のほか、柔軟な思考力、自説を説得的に論証する能力、他人の話を理解して論理的に判断する能力を養うことを目標としています。
 ディベート以外にも、ゼミ旅行、弁護士事務所や企業への訪問、他大学との討論会などの課外活動も行っています。演習参加希望者には、任意の面談を実施しますので、メールでアポイントをとって下さい。年度途中でやめると班のメンバーに大きな迷惑がかかりますので、最後まで参加できる方のみご応募下さい。
 
Judicial precedents are often explained in lectures with large numbers of students, but in many cases if you read the actual judicial precedent, you will become aware of case backgrounds which are completely different from what was described in the lecture. In order to study actual cases which cannot be sufficiently learned in large-scale lectures on a deeper level, this seminar will primarily cover the judicial precedents listed in the Top One Hundred and 30 Judicial Precedents! series and separate students into the roles of plaintiff and defendant for debate. Teams will be formed together with upper-class students, so students are welcome to participate starting from the second year.
The seminar will be conducted in a manner which will enable students to deepen their knowledge of Civil Law in a phased manner by passing out preparatory summaries in advance, staging study sessions run by the upper-class students beforehand, holding the debates, and holding a review session the following week to deepen the students’ knowledge. The focus will be on arguments about Property Law, but in addition to acquiring fundamental knowledge about Civil Law, the objectives over this seminar are to cultivate flexible thinking, the ability to demonstrate theories in a persuasive manner, and the ability to understand another person's remarks and judge them in a logical manner.
In addition to the debates, this seminar will also include extracurricular activities such as seminar trips, visits to law offices and companies, and discussions with other universities. Optional interviews will be held for students who wish to participate in the seminar, so please set up an appointment by email. Because quitting the seminar part way through the academic year would create a significant inconvenience for other group members, only students who are able to participate until the end should apply. 
授業計画
Course
Schedule
1. オリエンテーション 
2. 情報検索講習会 
3. 前期第1回ディベート 
4. シンポジウム型討論 
5. 前期第2回ディベート 
6. シンポジウム型討論 
7. 前期第3回ディベート 
8. シンポジウム型討論 
9. 前期第4回ディベート 
10. シンポジウム型討論 
11. 前期第5回ディベート 
12. シンポジウム型討論 
13. 前期第6回ディベート 
14. シンポジウム型討論 
15. 後期オリエンテーション 
16. 後期第1回ディベート 
17. シンポジウム型討論 
18. 後期第2回ディベート 
19. シンポジウム型討論 
20. 後期第3回ディベート 
21. シンポジウム型討論 
22. 合同討論会準備 
23. 後期第4回ディベート 
24. シンポジウム型討論 
25. 後期第5回ディベート 
26. シンポジウム型討論 
27. 後期第6回ディベート 
28. シンポジウム型討論 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
授業時に指示します。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
出席態度(30%) 、担当回の報告内容(35%) 、発言・コメントペーパー等平常の授業態度(35%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 秋山靖浩・原田昌和・田高寛貴  『リーガル・リサーチ/リポート』   有斐閣  2015  9784641125735 
その他(Others)
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 潮見佳男他  民法判例百選Ⅰ(第8版)   有斐閣  2018  9784641115378 
2. 潮見佳男他  民法判例百選Ⅱ(第8版)   有斐閣  2018  9784641115385 
3. 原田昌和他  民法1総則 判例30!(STARTUP)   有斐閣  2017  9784641137820 
4. 水津太郎他  民法2物権 判例30!(STARTUP)   有斐閣  2017  9784641137851 
5. 田高寛貴他  民法3債権総論 判例30!(STARTUP!)   有斐閣  2017  9784641137776 
6. 中原太郎他  民法4債権各論 判例30!(STARTUP)   有斐閣  2017  9784641137790 
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
<選考方法>
採用人数: 25名程度
配当年次: 2~4年次
選考方法: レポート(必須)および面談(任意)
①題目: ⅰ自己PR(あなたの物事への取り組み姿勢を、部活動やサークル、勉強などに関する具体的なエピソードに関連付けて論じてください)、ⅱ志望理由(ゼミで身につけたい能力を、希望進路などに関連付けて書いてください)、ⅲディベートで取り上げたい判例
②字数: 1500字程度
面談予約: mharada@rikkyo.ac.jp
演習論文: 実施しません
 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP