シラバス参照

科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
EX628/演習
(Seminar) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
国際法文献講読 
担当者 (Instructor) 許 淑娟(HUH SOOKYEON) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 月曜日(Mon) 2時限(Period 2) 6502(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
LPX4910 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) その他登録 
テキスト用コード (Text Code) EX628 



授業の
目標
Course
Objectives
国際法に関する最新の論文を読み、国際法の基本概念および国家概念、国際社会、国際紛争に関する理解を深める。 
The objective of this seminar is to deepen the students’ understanding of the fundamental concepts and national concepts of International Law, international society, and international disputes, by reading the recent articles concerning international legal incidents. 
授業の
内容
Course
Contents
国際法とは主として国家間の関係を規律する法とされているが、このような国際法は、国際社会の直面する問題にどのようにかかわるのか。本演習では、主として日本語における最近の国際法論文を講読することを通じて、国際社会における国際法の役割について考察を行う。さしあたり、『法学セミナー』2018年10月号の国際法特集や『論究ジュリスト』2016年秋号および2017年秋号の国際法特集を購読する。ちなみに前者の特集のトピックは以下の通り。領域に関する原始権原、公海漁業規制、国際テロリズムに対する武力行使、国際裁判の機能、第三国による対抗措置、国連安保理による制裁と人権保障、国際法と立憲主義。
演習時間のお昼休みへの延長はあるものとして受講してください。 
International law is primarily designated as the law regulating the relationships between nations. How does this inter-NATIONAL character of international law affect the solutions of problems faced by international society? In this seminar, students will examine the role of international law in international society by reading the latest international law articles written in Japanese, for example, the October 2018 special issue on International Law in “HOUGAKU Seminar” and the 2016 and 2017 fall special issues on international law in the “Quarterly Jurist.” The topics covered in these journals are as follows: original title to territory, high sea fishing regulations, the use of force against international terrorism, the functions of international courts, countermeasures by third countries, sanctions and the securing of human rights through the United Nations Security Council, and international law and constitutionalism.
Please join this seminar with the understanding that the time might extend into the lunch break. 
授業計画
Course
Schedule
1. イントロダクション 
2. 参加者による報告(1) 
3. 参加者による報告(2) 
4. 参加者による報告(3) 
5. 参加者による報告(4) 
6. 参加者による報告(5) 
7. 参加者による報告(6) 
8. 参加者による報告(7) 
9. 参加者による報告(8) 
10. 参加者による報告(9) 
11. 参加者による報告(10) 
12. 参加者による報告(11) 
13. 参加者による報告(12) 
14. 統括討論 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
報告者は、参考文献を渉猟して、レジュメを用意して、報告の準備を行うこと。
参加者は、課題文献を読み、当日の議論に参加できる十分な準備を行うこと。
国際法1および2を履修済あるいは履修中であることを前提に演習を行うので、履修していないものは、参考文献に挙げた教科書を自習すること。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業への参加(50%) 、報告(50%)
備考(Notes)
無断欠席および欠席3回した者は、成績評価の対象としない。
テキスト
Textbooks
授業時に指示する。
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 浅田正彦  国際法(第3版)   東信堂  2016  978-4-7989-1335-3 
2. 酒井啓亘ほか  国際法   有斐閣  2011  9784641046559 
その他(Others)
授業時に指示する。
国際法1および2を履修済あるいは履修中であることを前提に演習を行う。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
<選考方法>
採用人数: 10名
配当年次: 3,4年次
選考方法:レポート
①題目:関心のある国際問題を一つ取り上げ、その問題に対する自分の考えを述べよ。
②字数:1500字
演習論文:実施しない 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP