シラバス参照

科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
EX634/演習
(Seminar) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
尊厳をつかまえる

 
担当者 (Instructor) 瀧川 裕英(TAKIKAWA HIROHIDE) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 水曜日(Wed) 5時限(Period 5) 4252(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
LPX4910 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) その他登録 
テキスト用コード (Text Code) EX634 



授業の
目標
Course
Objectives
 尊厳という、重要ではあるが捉えどころのない価値について、法哲学の観点から徹底的に考察します。何に尊厳があり何に尊厳がないのか、尊厳あるものをどのように扱うべきなのか、なぜ尊厳を尊重しなければならないのか、を検討することで、あるべき法制度を構想する力を養います。
 
The objective of this course is to examine the value and the scope of dignity, which must be important but elusive. By considering questions such as, “What kinds of entity has dignity?”, “How should we treat entity with dignity”, and “Why should we respect dignity?”, we try to get a clear idea of the ideal legal system. 
授業の
内容
Course
Contents
 尊厳は重要な価値であり、尊重されなければならないと考えられています。しかし、それはなぜでしょうか。尊厳の担い手は個人でしょうか人間でしょうか人格でしょうか。尊厳を持つ者と持たない者の境界線はどこに引くべきでしょうか。そもそも、尊厳を尊重するとは、尊厳ある者をどのように扱うことを要求しどのように扱うことを禁止することでしょうか。
 具体的な問題は多岐にわたります。例えば、人間でない動物、例えばイヌに尊厳はあるか。動物虐待が禁止されるのは、動物に尊厳があるからなのか。富士山に尊厳はあるのかないのか。売買春や薬物利用は自分の尊厳を傷つけるのか。賭博や飲酒はどうか。自分の尊厳を傷つける行為は禁止されるべきか。いわゆる尊厳死を法制化すべきか。死者の尊厳は尊重すべきか。ヒト受精胚を恣意的に取り扱うことが禁止されるのは、ヒト受精胚自体に尊厳があるからなのか。理性が尊厳の根拠であるならば、理性を持ったAIも尊厳を持つのか。
 この演習では、こうした問題を検討していきます。担当者には、現在の状況の説明と論点の提示をしてもらいます。議論は<ボトム・アップ討論方式>で行い、参加者全員に参加してもらいます。 
Most people believe that dignity is an important value. However, why is that the case? Is the bearer of dignity an individual, a human being, or a person? Where should we make a distinction between those with dignity and those without? Does respecting dignity require that a dignified person be treated in a certain manner and prohibit treating them in other ways?
Dignity is related with a wide range of specific problems. For example, does a nonhuman animal such as a dog have dignity? Is animal abuse prohibited, because animals have dignity? Does Mount Fuji have dignity? Does prostitution or drug use damage one's own dignity? How about gambling or drinking? Should actions which damage one's own dignity be prohibited? Should so-called death with dignity be legalized? Should the dignity of the deceased be respected? Is the arbitrary handling of a human fertilized embryo prohibited, because it has dignity? If reasoning is the basis of dignity, does an AI with the capacity for reason have dignity?
In this seminar, we will consider these questions. Three students will present an explanation of the current situation and the issues in each class. The discussions will be conducted in a "bottom up debate format" to have all students participate in class discussions. 
授業計画
Course
Schedule
1. イントロダクション 
2. 報告と議論
 
3. 報告と議論
 
4. 報告と議論
 
5. 報告と議論
 
6. 報告と議論
 
7. 報告と議論
 
8. 報告と議論
 
9. 報告と議論
 
10. 報告と議論
 
11. 報告と議論
 
12. 報告と議論
 
13. 報告と議論
 
14. 最終討論
 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
初回に配布する詳細なシラバスで指示します。
 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
議論への参加(70%) 、担当した報告(30%)
備考(Notes)
成績評価の前提として出席を重視します。
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
初回に配布する詳細なシラバスで紹介します。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
「楽しいのに、気がついたら成長していた」を目指しています。

採用人数: 20名  配当年次: 3, 4年
選考方法: レポート
1)題目:あなたがこの演習に参加したら、この演習はどうなるか?
2)字数:A4用紙1枚(書式は自由)

演習論文: 実施しません

詳細については、下記のゼミ・サイトを参考にしてください。
http://www2.rikkyo.ac.jp/web/taki/
 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP