シラバス参照

科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
EX644/演習
(Seminar) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
この国のかたち
  --歴史と現状から見る日本政治のなかの地方/中央 
担当者 (Instructor) 松浦 正孝(MATSUURA MASATAKA) 
時間割 (Class Schedule) 通年 (Full year) 月曜日(Mon) 5時限(Period 5) 6204(Room)
単位 (Credit) 4単位(4 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
LPX4910 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) その他登録 
テキスト用コード (Text Code) EX644 



授業の
目標
Course
Objectives
「大学に入ったら、好きな勉強を、思いっきりしたい!」。こんな志を持っていた学生に、初心を思い出して、合宿なども含むゼミ活動を通じて仲間を作り、「勉強した」と言える充実した大学生活を送ってもらうことが、このゼミの目標である。政治学・歴史学のアプローチにより、現代日本の地方と大都市が直面する問題を理解し相対化する視座を獲得し、議論を通じて自分なりの意見を形成することを学ぶ。また、テキストをきちんと読み報告・プレゼンしたり、自ら企画して取材・調査してレポートを書いたり、議論したりする技術を習得する。 
"When I enter university, I want to spend a lot of time studying what I like!” The objectives of this seminar are to have students who carried such an intention remember their original purpose and make friends through training camps and other seminar activities to lead a fulfilling university life where they can say that they, "really studied." Through political science and historical approaches, students will understand the problems faced by rural areas and major cities in contemporary Japan, acquire relativistic points of view, and learn to form their own opinions through discussion. Moreover, students will learn techniques such as reporting and presenting based on a careful review of the textbook, writing reports after conducting interviews/research on their own ideas and initiative, and engaging in discussion. 
授業の
内容
Course
Contents
人口減少問題は、地方だけの問題ではなく大都市の問題でもあり、これにどう対応するかが日本の運命を決めると言ってよい。労働力や消費者、税金や産業、エネルギー・資源や自然、インフラや文化。これらをめぐり大都市と地方は争奪し、譲り合ってきた。近代から現在に至る日本は、人口や国土、エネルギー、環境、食糧など国のかたちをどう造って来たのか。今年度は、特にインフラ構築と維持、都市計画などに重点を置いて勉強する。
本ゼミでは、現代日本の大都市/地方の問題を政治学的視角から理解し、歴史的・比較的視座から現代を相対化するために、多角的に選んだ重要なテキストを輪読・報告し、問題意識や分析枠組みを共有した上で、議論する。座学だけではなく、現場での研修(合宿と遠足)、ジャーナリストや外交官、テキストの著者などを招いての研究会(倉田ゼミと共催の可能性)なども行う。
本ゼミのメイン・イベントでもある合宿では、今年度は海と山とに恵まれた歴史豊かな某県を訪れる。県庁・市役所からご協力を頂きつつ、地元の成り立ち、生業、暮らしに触れ、現代日本の地方/都市問題の凝縮された課題を実地に学ぶ。合宿は、楽しいだけではない、学生時代の忘れ得ぬ思い出になると共に、準備と運営とを通じて大きく成長できる機会となる。調査・計画・手配・調整・交渉・討論などのプロセスが参加者全員にミッションとして与えられ、授業時間以外の準備と積極的な参加が義務である。
この他にも、参加者が企画やテキストを提案することを歓迎する。ゼミは、君たちが作るものだから。 
The problem of depopulation is not only a problem in rural areas as it also affects large cities, and it can be said that how this problem is dealt with will determine the fate of Japan. Manpower and consumers, taxes and industry, energy, resources and nature, as well as infrastructure and culture. Large cities and rural areas have been struggling with these issues and making mutual concessions. How did Japan create the country in terms of population and territory, energy, environment, and food from modern times until the present? During this academic year, students will study with a specific focus on the construction and maintenance of infrastructure, urban planning, etc.
In order to understand the problems of large cities and rural areas in contemporary Japan from a political science perspective and to relativize modern times from historical and comparative viewpoints, students in this seminar will read in turns and report on important texts selected in a diversified manner and engage in discussion after sharing their awareness of the issues and analytical frameworks. This seminar will incorporate not only classroom learning but also on-site training (overnight camps and excursions), and workshops (may be jointly held with the Kurata seminar) which invite journalists, diplomats, and textbook authors.
For the overnight camp, which is the main event of this seminar, students during this academic year will visit a certain prefecture with a rich history that is blessed with mountains and the ocean. Through the cooperation of the prefectural government and city governments, students will be exposed to the local history, occupations, and lifestyles to learn about the condensed issues of rural/urban problems in contemporary Japan in a practical manner. The overnight camp will not only be enjoyable but create unforgettable memories of your school days while also providing an opportunity for significant growth through the process of preparing and managing the camp. Processes including surveys, planning, arrangements, adjustments, negotiations, and debates will be assigned as a mission to all participants, who will be required to prepare and actively participate outside of class time.
In addition, participants are also welcome to propose plans and textbooks. This is because the seminar will be created by you, the students. 
授業計画
Course
Schedule
1. イントロダクション 
2. 地方/都市の問題に関する文献の輪読1 
3. 同2 
4. 同3 
5. 同4 
6. 同5 
7. 同6 
8. 同7 
9. 同8 
10. 実務家・有識者を招いての研究会(倉田ゼミと共催?) 
11. ゼミ合宿地についての研究会1 
12. 同2 
13. 同3 
14. ゼミ合宿の最終検討会 
15. 地方/都市の問題に関する文献の輪読9 
16. 同10 
17. 同11 
18. 同12 
19. 同13 
20. 同14 
21. 同15 
22. 実務家・有識者を招いての研究会 
23. 秋の遠足(郊外研修) 
24. ゼミ論中間報告1 
25. 同2 
26. 同3 
27. 同4 
28. 現代日本の地方/都市についての総括 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
文献の輪読では、報告者が報告を準備する他、毎回コーディネーターが議論を整理する。報告者は他の文献を参照してテキストを補いつつ、テキストの要旨・論点を整理する。また、報告者とコーディネーターはゼミ当日までにサブゼミを行い、疑問を事前にできるだけ解消すると共に、当日の議論の構成を準備する。それ以外の参加者は、毎回授業日の前々日零時まで(授業は月曜なので、金曜日の終わる夜12時まで)に該当する論文を読み、コメントをBlackboardの掲示板に書き込む。コーディネーターはこれを編集し、当日の議論のために印刷して配布し、当日の議論をコーディネートする。研究会や外交講座、ゼミ論中間報告会なども、事前に資料を読み、事前に提出したコメントを踏まえて、議論を行う。

当日は全員が積極的に議論に参加できるよう、体調を整えて参加すること。
演習は、20分程度延長することが通例である。原則として、合宿への参加を必須とする。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
担当報告の内容(50%) 、平常の授業参加態度や発言内容(50%)
備考(Notes)
病気・就職活動などの特別な事由を除き、欠席は認めない。欠席の場合も、できるだけ早く連絡し許可を得ること。2回連続無断欠席、通算3回欠席の場合には、原則として成績評価の対象としない。
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 町村敬志  『開発主義の構造と心性―戦後日本がダムでみた夢と現実』   お茶の水書房  2011  9784275009517 
2. 新川敏光  『田中角栄――同心円でいこう 』   ミネルヴァ書房  2018  9784623084258 
3. 前田正子  『無子高齢化――出生数ゼロの恐怖』   岩波書店  2018  9784000022330 
4. 砂原庸介  『新築がお好きですか――日本における住宅と政治』   ミネルヴァ書房  2018  9784623083664 
5. 井出英策  『富山は日本のスウェーデン 』   集英社  2014  9784087210446  
その他(Others)
テキストとして挙げた上の5冊は概ね読む予定であるが、下に掲げた参考文献とあわせ、適宜取捨選択し、他のものも加えながら、できるだけ違う角度・違う論点から書かれた本を読んでいきたい。著者をどなたか授業にお招きし、議論する予定である。

参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 小路田泰直ほか  『核の世紀 : 日本原子力開発史』   東京堂出版  2016  9784490209365 
2. 増田寛也  『東京消滅 : 介護破綻と地方移住』   中公新書  2015  9784121023551 
3. 米田雅子  『田中角栄と国土建設 : 「列島改造論」を越えて 』   中央公論新社  2003  4120034739 
4. 宮崎学  『近代ヤクザ肯定論 : 山口組の90年』   筑摩書房  2007  9784480818287 
5. 藻谷浩介  『里山資本主義 : 日本経済は「安心の原理」で動く』   角川書店  2013  9784041105122 
6. 住友達也  『あわわのあはは――徳島タウン誌風雲録』   西日本出版社  2004  978-4901908054 
7. 御厨貴  『戦後をつくる――追憶から希望への透視図』   吉田書店  2016  9784905497424 
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
<選考方法>
採用人数: 18名以内
配当年次: 2~4年次
選考方法:レポート
①題目:本演習への志望理由・自己アピール+「『少子高齢化』、自分ならこう解決する」
②字数:1600字以上
演習論文:実施する。
一年間の総仕上げとして演習論文を完成し提出することを目標とする。また演習論文は貴重な2単位となる。しかし、やむを得ない事情がある場合には、相談の上、12月の履修中止期間に演習論文の履修中止をすることもできる。また、その後であっても、GPAで多少不利にはなるが、演習論文を提出しないという選択をすることもできる。

参加者は、ゼミ合宿、懇親会などゼミ関係の行事において、未成年飲酒・アルハラ・迷惑行為は絶対に許されないことを銘記すること。授業や行事、論文、メールなどにおけるマナーを、次第に身につけることも必要である。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP