シラバス参照

科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
EX652/演習
(Seminar) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
放射性廃棄物の行政学  
担当者 (Instructor) 原田 久(HARADA HISASHI) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 木曜日(Thu) 5時限(Period 5) 6304(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
LPX4910 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) その他登録 
テキスト用コード (Text Code) EX652 



授業の
目標
Course
Objectives
原子力発電に対する賛否にかかわらず,我々には原子力発電の過程で生じた高レヴェル放射性廃棄物を1万年以上にわたって安全に管理する責任がある。しかし,最終処分施設建設地の選定の見通しは今もなお立っていない。本演習のゴールは,受講者が高レヴェル放射性廃棄物の最終処分を自らの問題として捉えた上で,建設地選定の望ましい民主的手続を構想できることである。 
Regardless of the pros and cons of nuclear power generation, we have a responsibility to safely manage the high-level radioactive waste which occurs during the process of nuclear power generation for ten thousand years or more. However, at present there is still no vision for the selection of a construction site for the final disposal facility. The goal of this seminar is to have the students view the final disposal of high-level radioactive waste as their own problem to devise a democratic process that would be desirable for selecting the construction site. 
授業の
内容
Course
Contents
本演習は,文献の輪読を通じて高レヴェル放射性廃棄物の地層処分に関わる基本的な理解を深めた上で,地層処分場の選定をどのような民主的手続で行うべきかについて議論を行う。また,実際に地下深くまで立坑を掘削し研究を行っている東濃地科学センター(岐阜県)を視察するゼミ合宿(岐阜県瑞浪市,1泊2日,宿泊・交通費込で4万円程度)を行う。 
In this seminar, students will read in turn the literature to deepen their fundamental understanding of the geological disposal of high-level radioactive waste before discussing what type of democratic process should be implemented to select the geological disposal site. In addition, students will attend an overnight camp (lodging and transportation expenses for two days and one night in Mizunami City, Gifu Prefecture will be about 40,000 yen) to observe the Tono Geoscience Center (Gifu Prefecture), which is actually digging and researching vertical shafts that extend deep underground. 
授業計画
Course
Schedule
1. 演習の進め方の確認,自己紹介,テキスト・参考文献の紹介,班編成など 
2. 教科書第1章の輪読 
3. 教科書第2章の輪読 
4. 教科書第3章の輪読 
5. 教科書第4章の輪読 
6. 教科書第5~6章の輪読 
7. 山口 聡「高レベル放射性廃棄物最終処分施設の立地選定をめぐる問題」レファレンス2010年2月号前半部分の輪読 
8. 山口 聡「高レベル放射性廃棄物最終処分施設の立地選定をめぐる問題」レファレンス2010年2月号後半部分の輪読 
9. 日本学術会議「放射性廃棄物の処分について」前半の輪読 
10. 日本学術会議「放射性廃棄物の処分について」後半の輪読 
11. 小池拓自「高レベル放射性廃棄物の地層処分」調査と情報976号前半の輪読 
12. 小池拓自「高レベル放射性廃棄物の地層処分」調査と情報976号後半の輪読 
13. NUMOへのヒアリング項目の調整 
14. 合宿準備 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
放射性廃棄物に関する新聞報道を毎週チェックし,講義前に報告すること。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
報告内容(50%) 、議論への参加(50%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 楠戸伊緒里  放射性廃棄物の憂鬱   祥伝社  2012  978-4396112691 
その他(Others)
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
<選考方法>
採用人数:15名
配当年次:3~4年
選考方法:①題目:「科学的特性マップについて述べよ」,②字数:2000字以上
演習論文:実施しない 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP