シラバス参照

科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
現代社会と人間
(Contemporary Society and Humanity) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
学校教育を中心とする集団と個人の歴史社会学的考察  
担当者 (Instructor) 有本 真紀(ARIMOTO MAKI) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 木曜日(Thu) 4時限 M302
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CMP2100 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) FA108 



授業の
目標
Course
Objectives
学校において、集団はどのように形成されてきたか(いるか)、個人はどのように見出されてきたか(見られているか)を、歴史社会学の視点から理解する。 
授業の
内容
Course
Contents
近代日本の学校教育が、集団と個人をどのように作り出し、まなざしてきたか、そして現代の学校がそれをどのように受け継ぎ、あるいは、変わりつつあるのかを、歴史社会学の視点から考察する。その作業を通して、私たちが当たり前に受け取ってきた学校教育、漠然とした不満や苛立ちを感じながら過ごしてきた学校教育を問い直す視点を得る。 
授業計画
Course
Schedule
1. 学校の時間と空間 
2. 学校の規則 
3. 試験と測定(身体) 
4. 試験と測定(学力) 
5. 試験と測定(個性1:性質を中心に) 
6. 試験と測定(個性2:家庭を中心に) 
7. 学校行事(運動会) 
8. 学校行事(儀式) 
9. 教科の学習(体操) 
10. 教科の学習(唱歌) 
11. 教科の学習(音楽) 
12. 1年生になること 
13. 教師と児童生徒 
14. まとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
毎回の授業で提示する資料・文献を次の授業回までに読み、さらに関連資料・関連文献に触れつつ授業内提出物を作成することが望ましい。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
筆記試験(Written Exam) 70  %  
平常点(In-class Points) 30  %
授業内提出物(30%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
その都度指示します。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP