シラバス参照

科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
市民活動の組織とマネジメント
(Theory and Practice of Civic Engagement in Organaizing and Management in RSL) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
市民活動団体(NPO)が現代社会で果たす役割とそのマネジメントの特徴 
担当者 (Instructor) 原田 晃樹(HARADA KOKI) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 月曜日(Mon) 2時限(Period 2) D301(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CMP2200 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) FB132 



授業の
目標
Course
Objectives
この授業では、何らかの社会問題に気づいた人びとが、自発的・主体的に協力して、集合的にその解決に向けて取り組む組織を取り上げ、その運営上の特徴や社会的機能について基本的な理解を図ることを目的とする。 
In this course, the aim is that those who have noticed some social problem will voluntarily and proactively cooperate, take up an organization that works for a solution to the problem collectively, and gain basic understanding of its administrative features and social functions. 
授業の
内容
Course
Contents
今日、市民活動団体(NPO等)は、市民運動や市民参加の担い手として、あるいは政府に代わる公共サービスの担い手として注目を集めている。この授業では、NPOの沿革や組織・活動の特徴について触れながら、それが社会で果たしている役割、その運営上の特徴、存立条件等について学ぶ。
実際にボランティア活動やNPOで活動している、あるいはそうした活動に関心を持つ人への参加を歓迎する。 
Today, civic activity groups (NPOs, etc.) are attracting attention as leaders of civic movements and citizen participation, or leaders of public services that replace the government. In this course, while touching on the history of NPOs and the characteristics of organizations and activities, students will learn about the roles that NPOs play in society, the characteristics of their operation, and the conditions of their existence, etc.
We welcome the participation of students who are actually involved in volunteer activities or NPOs, or who are interested in such activities. 
授業計画
Course
Schedule
1. ガイダンス 
2. NPO前史-地縁コミュニティ中心の社会からアソシエーション、NPOへ- 
3. 高度経済成長と住民運動・市民運動の展開 
4. ボランタリー・アソシエーションの組織化プロセス 
5. NPO法の成立要因-法制定プロセスにおける市民運動- 
6. NPOとは何か?(1)-非営利組織の基礎知識- 
7. NPOとは何か?(2)-非営利組織の基礎知識- 
8. NPOとは何か?(3)-日本の特殊事情・制度環境等- 
9. NPOのマネジメントの特徴(1) 
10. NPOのマネジメントの特徴(2) 
11. ケースで考えるNPO(1)-海外編- 
12. ケースで考えるNPO(2)-国内編- 
13. NPOの社会性と事業性 
14. まとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
事前に指示されたテキストや新聞・雑誌記事の該当箇所を読み、関連情報を自分なりに理解しておくと、授業内容をよりよく理解できるだろう。
なお、受講人数にもよるが、できる限りグループ・ディスカッションもとりいれたい。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
筆記試験(Written Exam) 80  %  
平常点(In-class Points) 20  %
毎回のコメント・授業への貢献(20%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 逸見・原田・藤枝編著 立教大学RSLセンター編集  『リベラルアーツとしてのサービスラーニングーシティズンシップを耕す教育ー』   北樹出版  2017  9784779305306 
その他(Others)
これ以外に、授業の際に適宜資料を配付する。
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 原田・藤井・松井  NPO再構築への道   勁草書房  2010  978-4326602285 
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
・この科目は、立教サービスラーニング(RSL)科目群のひとつである。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP