シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2019 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
ストレスから考える私たちの健康             新座(Niiza)
(How does stress influence our mind and body?) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
 
担当者 (Instructor) 大石 幸二(OISHI KOUJI) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 木曜日(Thu) 1時限(Period 1) N421(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CMP2211 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) FD081 



授業の
目標
Course
Objectives
この授業では、立教大学研究ブランディング事業の成果を積極的に紹介しながら、受講者が自分自身の健康について関心を寄せ、あらためて深く考察する機会とすることをめざす。 
In this course, while actively introducing the results of the Rikkyo University research and branding program, we will aim to provide an opportunity for students to become interested in their own health and to reconsider health deeply. 
授業の
内容
Course
Contents
私たちの耐性を高め、コーピング能力を育むような「ストレス」があるだろうか。一方、私たちを疲弊させ、生活機能を著しく低下させるような「ストレス」とはどのようなものだろうか。私たちの身体の内部や細胞・分子レベルでは何が起こっているのだろうか。この謎を解き明かすために、本学では研究ブランディング事業を広範に展開している。心理学科と生命理学科が互いの学術的ストレングスを生かしながら、文理融合の科学(インクルーシブ・アカデミクス)創出にチャレンジするものである。この授業では、その成果をわかりやすく紹介しながら私たちの健康について考える機会を提供する。 
Is there a type of "stress" that enhances our tolerance and nurtures our coping ability? On the other hand, what is the type of "stress" that causes us to get tired and that seriously deteriorates our life functions? What is happening inside our bodies and at the cellular and molecular level? In order to solve these mysteries, the university has developed an extensive research branding program. The Department of Psychology and the Department of Life Science are taking on the challenge of creation of science (Inclusive Academics) as fusion of humanities and sciences, while making use of their academic strengths. In this course, we will provide an opportunity for students to think about our health while introducing the results in an easy-to-understand manner. 
授業計画
Course
Schedule
1. ガイダンス:授業の目標と進め方 
2. ストレスと脳 
3. ストレスと腸内環境 
4. ストレスとホルモン 
5. ストレスと免疫 
6. ストレスと心理学・生命理学の視点 
7. ストレスと身体疾患 
8. ストレスと睡眠 
9. ストレスと精神的問題 
10. ストレスと精神療法:生命理学からみた効果の機序 
11. ヒトのストレスをどう測るか:ストレスが認知処理に与える影響 
12. 家族とストレス 
13. 観光とストレス:旅行がもつ癒しの力 
14. まとめ:授業のふりかえりと評価 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
高等学校の「生物」や「保健体育」の基礎知識がなくても理解可能である。授業で触れられる専門用語などは、図書館において調べることで理解が深められる。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
出席(毎回、リアクションペーパーの内容により評価)(100%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP