シラバス参照

科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
グローバル経済社会を考える
(Introduction to Economics) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
国際経済の理論と歴史を学ぶ 
担当者 (Instructor) 佐藤 有史(SATO YUJI) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 木曜日(Thu) 2時限(Period 2) D301(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CMP1100 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 2016年度以降1年次入学者対象科目
学びの精神科目 
テキスト用コード (Text Code) FH135 



授業の
目標
Course
Objectives
国際経済を理解するための理論(マクロ経済学,比較生産費説など)の初歩を学んだうえで,私師たちはグローバル経済の幕開け以来,国際経済のあるべき姿をどのように考えてきたかを知る。 
In this course, students will learn the basic theory necessary to understand the international economy (macroeconomics, theory of comparative cost, etc.). In addition, they will learn what various specialists have come to believe the ideal state of the international economy is since the time it began in earnest. 
授業の
内容
Course
Contents
マクロ経済を理解するための初歩や,国際貿易論の初歩を学んだうえで,1500年の世界市場の幕開けから,人類はどのように国際経済のあるべき姿をとらえてきたのかを,重商主義学説,自由貿易論,戦略的貿易政策論,等々を跡づけながら理解する。その際,代表的な経済学者たちについても言及する。 
Students will learn the basic information necessary to understand macroeconomics, as well as the fundamentals of international trade theory. In addition, students will learn what humanity has come to see as the ideal state of the international economy since the advent of the world market in the 1500s. Various theories will be discussed relating to mercantilism, free trade, strategic trade policies, etc. Various representative economists will be referenced throughout the course. 
授業計画
Course
Schedule
1. 経済学の考え方 
2. GDPの計算の仕方 
3. 消費・貯蓄・投資とISバランスの考え方 
4. 国際収支と為替相場について 
5. 世界市場の成立 
6. 重商主義政策を考える(1):イギリスを中心として 
7. 重商主義政策を考える(2):イギリスを中心として 
8. 18世紀ヨーロッパ「富国・貧国論争」について 
9. アダム・スミスの自由貿易論 
10. リカードウの比較生産費説:国際貿易論の基礎 
11. リカードウ以後の古典派貿易論 
12. ケインズと保護のマクロ経済学 
13. 戦略的貿易政策 
14. 自由貿易の過去と未来 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
授業で用いる資料はBlackboardにアップしますので,そうした資料はもちろん,その資料中で指示されている参考文献等については,あらかじめ予習しておくこと。また,授業中に行なわれる小テスト対策として,授業中に強調された事柄については必ずノートに記録したうえで,配布資料と照らし合わせて自身に定着できるようにしておくこと。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
筆記試験(Written Exam) 70  %  
平常点(In-class Points) 30  %
小テスト(30%)
テキスト
Textbooks
教科書は使用しない。資料を配布し,それに基づいて講義する。
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. ダグラス・A・アーウィン  自由貿易理論史   文眞堂  1999  4-8309-4333-5 
その他(Others)
その他,必要な参考資料は授業中に指示する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP