シラバス参照

科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
日本の文化・社会C
(Japanese Culture and Japanese Society C) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
 
担当者 (Instructor) 丸山 千歌(MARUYAMA CHIKA) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 水曜日(Wed) 4時限(Period 4) X302(Room)
単位 (Credit) 1単位(1 Credit) 
科目ナンバリング
(Course Number)
LNJ2010 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 抽選登録科目 定員20名
※外国人留学生入試による入学者対象科目 
テキスト用コード (Text Code) FO723 



授業の
目標
Course
Objectives
日本の社会や文化,特にビジネスやサービスに関連したトピックを取り上げ,それらの知識を獲得すると同時に,高度な日本語文型や語彙を増やす。 
This course covers Japanese social and cultural topics, particularly those related to business and services. Students will broaden their knowledge on these topics while learning advanced Japanese sentence patterns and building their vocabulary. 
授業の
内容
Course
Contents
「日本の企業風土」「日本的経営」「日本型サービス」をトピックとして取り上げ,それぞれについて知ると同時に,それらのトピックを語る際に使われる語彙や文型について学び,自らがそれらを理解するのみでなく,使えるような課題を行う。ゲストスピーカーとして招き,ゲストスピーカーからの講義を軸として授業をすすめる。 
The course will address three topics: Japanese corporate culture, Japanese-style management, and Japanese-style services. In addition to gaining knowledge about these topics, students will learn the sentence patterns and vocabulary needed when they talk about the topics. This will enhance their personal understanding, and assignments will be given to ensure students can put the acquired knowledge into use. Guest speakers will be invited in to build the course based on their lectures. 
授業計画
Course
Schedule
1. 授業概要 
2. 「日本の企業風土」事前学習 
3. ゲストセッション① 
4. 「日本の企業風土」事後学習① 
5. 「日本の企業風土」事後学習② 
6. 「日本的経営」事前学習 
7. ゲストセッション② 
8. 「日本的経営」事後学習① 
9. 「日本的経営」事後学習② 
10. 「日本式サービス」事前学習 
11. ゲストセッション③ 
12. 「日本式サービス」事後学習① 
13. 「日本式サービス」事後学習② 
14. まとめ・振り返り 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
必要な準備学習については毎回の授業で指示する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業への参加度(30%) 、宿題(25%) 、小レポート(3回)(45%)
テキスト
Textbooks
指定しないが,必要なものを適宜配付する。
参考文献
Readings
授業で適宜紹介する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
ゲストとの調整により,扱うテーマの順番が変わる可能性がある。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP