シラバス参照

科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
GC382/図書館総合演習
(Comprehensive Seminar on Libraries) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 中村 百合子(NAKAMURA YURIKO) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 水曜日(Wed) 1時限(Period 1) X108(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CEL4310 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) GC382 



授業の
目標
Course
Objectives
司書課程での学修で芽生えた問題意識から,履修生各人がオリジナルな研究テーマをもち,それを掘り下げて学び,探究する。発表およびレポート作成によって,その学びを他者と共有する。 
 
授業の
内容
Course
Contents
授業初回に履修生と担当教員で授業の進め方について話し合い,合意したい。基本的には,履修生各人が調査活動を行い,授業時に順に報告する形で進める。そして,報告から互いに学び合い,学期末までに研究レポートを日本語もしくは英語で執筆する。
国外で図書館情報学の研究に携る方,図書館専門職の方を招いて,最新の研究についての報告を聞いたり,履修生の研究にコメントやアドバイスをいただいたりする機会も設けたい。また,地方の図書館への見学会を希望者で企画,実施することもある。 
 
授業計画
Course
Schedule
1. 授業の概要説明;受講生自己紹介 
2. 図書館情報学研究の動向 
3. テーマ予備調査報告1) 
4. テーマ予備調査報告2) 
5. テーマ予備調査報告3) 
6. テーマ予備調査報告4) 
7. 調査進捗状況の報告1) 
8. 調査進捗状況の報告2) 
9. 調査進捗状況の報告3) 
10. 調査進捗状況の報告4) 
11. 最終報告1) 
12. 最終報告2) 
13. 最終報告3) 
14. 最終報告4) 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
授業計画は初回の授業時に受講生と相談して,適宜修正する。
優秀なレポートは,本学司書課程紀要『St. Paul's Librarian』に掲載する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
発表内容とレポート(80%) 、授業への積極的参加(20%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP