シラバス参照

科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/入門演習1(A)
(Elementary Research Seminar 1) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 田崎 英明(TAZAKI HIDEAKI)他
 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 水曜日(Wed) 4時限(Period 4) N341(Room)
春学期 (Spring Semester) 水曜日(Wed) 5時限(Period 5) N341(Room)
単位 (Credit) 4単位(4 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
BEC1310 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) クラス指定 
テキスト用コード (Text Code) HN141 



授業の
目標
Course
Objectives
この授業は映像身体学科への導入科目で,2つの大きな目標がある。ひとつは学術的な目標で,大学で学ぶための基本的な姿勢と知識やスキルを身につけるとともに,映像身体学科を構成する学術的な知の広がりとその基礎を理解することを目指す。もうひとつは制作実践的な目標で,映像身体学科で学ぶ映像表現や身体表現について,各教員の専門ごとに,その分野の基礎となる発想や姿勢,知識や技法などを身につけることを目的とする。 
There are 2 big goals for this introductory discipline in the Department of Body Expression and Cinematic Arts. The academic goal is to teach the skills and knowledge, fundamental approaches for studying in the university, and to give understanding of the fundamentals and scope of academic knowledge that make up. The production practice goal is to teach about filmic and body expression from the point of view of each professor's specialization in the Department, giving basic ideas, structure, knowledge and techniques of each area. 
授業の
内容
Course
Contents
学科の専任教員が全クラスを交替で巡回するオムニバス形式の授業である。映像身体学科がカバーする多様な専門領域への導入として役立つ方法と題材によって各回の授業を進める。学術系の授業では,学問についての基礎的な考え方や必要な基礎能力(読む・調べる・書く・発表する・議論する等)を養成し,制作実践系では,映像制作や身体表現の基礎となる発想や姿勢,基礎知識を習得する。(2回目までは全体で,3回目以降は各クラスに分かれて受講する。3回目以降の授業計画はクラスにより異なる。詳しくはガイダンスで説明する。) 
The class has an omnibus structure, with the full-time teachers of the department rotating to give classes. Each class is given according to the methods and tasks useful for introducing the various specialization disciplines covered by the Department of Body Expression and Cinematic Arts. Academic lectures foster the basic approaches to the discipline and basic skills (reading, researching, writing, presenting, discussing). Production lectures teach basic ideas, structure and fundamental knowledge about movie production and body expression. (The first 2 lectures are given for all the students, starting from the 3rd lecture they are given in separate classes. The syllabus after the 3rd lecture differs between classes. Detailed explanation is given during guidance sessions.) 
授業計画
Course
Schedule
1. ガイダンス 
2. Master of Writing / Master of Presentation
図書館を知る 
3. 自分の“こころ”を知るということ①(香山) 
4. 自分の“こころ”を知るということ②(香山) 
5. 写真という映像の神秘(日高) 
6. 身体と建築(大山) 
7. 映像制作①―オリエンテーション(篠崎) 
8. 映像制作②―撮影(篠崎) 
9. 都市/身体/アート①(田崎) 
10. 都市/身体/アート②(田崎) 
11. 東洋の身体芸術①(森) 
12. 東洋の身体芸術②(森) 
13. 身体表現入門①(砂連尾) 
14. 身体表現入門②(砂連尾) 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
各教員に従う。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
平常点(各担当者の基準による)(100%)
テキスト
Textbooks
初回に配布する。
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP