シラバス参照

科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
JF106/教育方法特殊研究
(Studies in Methods of Education) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 伊藤 実歩子(ITO MIHOKO) 
時間割 (Class Schedule) 通年 (Full year) 水曜日(Wed) 1時限(Period 1) 研究室(Room)
単位 (Credit) 4単位(4 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
EDU6710 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) JF106 



授業の
目標
Course
Objectives
教育方法学がその射程とする、授業論、カリキュラム論、学力論、教育評価論などの、基本的な理論枠組みを獲得する。その上で、それぞれの研究テーマ、問題意識を、教育方法学の理論的枠組みから照らし返すことによって、一層深めることができる。 
Students will acquire the basic theoretical frameworks of theories related to the study of teaching methods such as class theory, curriculum theory, learning ability theory and educational evaluation theory, etc. Building on those, students will then be able to deepen their awareness of the issues and of each research theme by clarifying them using the theoretical frameworks of the study of teaching methods. 
授業の
内容
Course
Contents
ポスト近代社会において、初等教育から高等教育にいたるまで、さまざまな能力が、経済先進諸国で共通して教育目標に掲げられ、評価されるようになってきた。このような「新しい能力」の登場は、OECDが実施するPISAの影響が大きい。これまでの知識重視型とも、態度重視型とも異なる学力/能力が、現代に生きる子どもから成人に至るまですべての人間に必要とされているのである。この「新しい能力」の内実とそれに基づいた国内外の教育改革の動向およびそのような動向に対する批判的検討を、本研究では行いたい。 
In post-modern society, reaching from primary education to higher education, various common proficiencies have been put forward as educational goals and been appraised in economically advanced countries. The appearance of these “new proficiencies” have been significantly influenced by the PISA conducted by the OECD. Also, learning abilities and proficiencies that are different from both the knowledge emphasizing-style and the attitude emphasizing-style used up until now, are now necessary for people from children up through adults in the current age. The essence of these “new proficiencies,” educational revolution movements in Japan and abroad, and critical consideration towards them will be examined through this research. 
授業計画
Course
Schedule
1. オリエンテーション:研究の進め方 
2. 文献講読・発表と議論 
3. 文献講読・発表と議論 
4. 文献講読・発表と議論 
5. 文献講読・発表と議論 
6. 文献講読・発表と議論 
7. 文献講読・発表と議論 
8. 個別テーマ発表 
9. 個別テーマ発表 
10. 個別テーマ発表 
11. 個別テーマ発表 
12. 個別テーマ発表 
13. 個別テーマ発表 
14. 個別テーマ発表 
15. 文献講読・発表と議論 
16. 文献講読・発表と議論 
17. 文献講読・発表と議論 
18. 文献講読・発表と議論 
19. 文献講読・発表と議論 
20. 文献講読・発表と議論 
21. 文献講読・発表と議論 
22. 個別テーマ発表 
23. 個別テーマ発表 
24. 個別テーマ発表 
25. 個別テーマ発表 
26. 個別テーマ発表 
27. 個別テーマ発表 
28. 総括・レポート検討会 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
指定されたテキストの論文あるいは講義中に配布した資料などを毎回必ず読み、議論したい点などをもって毎回の授業に臨むこと 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
最終レポート(Final Report)(40%) 、ゼミでの発表(30%) 、ゼミでの議論への参加(30%)
テキスト
Textbooks
演習で講読する文献については、受講生の専門や興味に応じてその都度配布する。
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
受講者数や受講生の様子を見て、講義内容などを変更する可能性がある 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP