シラバス参照

科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
JG173/日本文学研究 5B
(Studies in Japanese Literature 5B) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 水谷 隆之(MIZUTANI TAKAYUKI)
金子 明雄(KANEKO AKIO)
石川 巧(ISHIKAWA TAKUMI)
井野 葉子(INO YOKO)
川崎 賢子(KAWASAKI KENKO)
平井 吾門(HIRAI AMON)
平澤 卓也(HIRASAWA TAKUYA)  
時間割 (Class Schedule) 秋学期他 (Fall Others)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
JAL6310 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) JG173 



授業の
目標
Course
Objectives
日本文学研究における多種多様な方法や視点について,徹底した知識の獲得とその理解を身につけるための自主講座。 
This is a self-directed course for acquiring thorough knowledge and understanding of diverse methods and viewpoints for research into Japanese literature. 
授業の
内容
Course
Contents
学生主導による自主講座として,それぞれ明確なテーマと問題意識のもとに演習や調査あるいは読書会などのプロジェクトを組む。各テーマに応じて,指導教員の指導や助言を受けるとともに,参加者全員の自主的な活動が中心となる。 
As a student-led self-directed course, the course will organize projects such as exercises, surveys, or reading sessions under clear themes and awareness of issues. Students will receive guidance and advice from the instructor in line with their themes, focused on the self-directed activities of all participants. 
授業計画
Course
Schedule
1. 授業内容・テーマについてのガイダンス 
2. 発表と質疑応答1 
3. 発表と質疑応答2 
4. 発表と質疑応答3 
5. 発表と質疑応答4 
6. 発表と質疑応答5 
7. 発表と質疑応答6 
8. 発表と質疑応答7 
9. 発表と質疑応答8 
10. 発表と質疑応答9 
11. 発表と質疑応答10 
12. 発表と質疑応答11 
13. 発表と質疑応答12 
14. まとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
プロジェクトの計画と運営に積極的に加わることを求める。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
平常の参加・活動(60%) 、報告書(40%)
テキスト
Textbooks
履修する学生の主体的な選択にゆだねる。
参考文献
Readings
指導教員の指示による。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
指導教員の指示による。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP