シラバス参照

科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
KA101/経済学史特論1
(Special Lecture on History of Economic Doctrines 1) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
古典派経済学演習 
担当者 (Instructor) 佐藤 有史(SATO YUJI) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 木曜日(Thu) 4時限(Period 4) 研究室(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ECX5220 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) KA101 



授業の
目標
Course
Objectives
古典派経済学を研究する上で基本的な研究文献とみなされる優れた二次文献の読解を通じて,古典派経済学研究のための基礎を固めることを目標とする。 
To research classical economics, students will read quality derivative literatures regarded as foundational research literatures. Students will strengthen their foundations in researching classical economics. 
授業の
内容
Course
Contents
今年度は,まず最初に,20世紀半ばに出版され,その後の古典派経済学研究にとって重要なインパクトを与えたB.A. Corry, Money, Saving and Investment in English Economics 1800-1850, 1962を昨年に引き続き輪読する。ケインズによる古典派の攻撃には明らかに不当なものが含まれていたことを学ぶとともに,リカードウ・マルサス論争への正確な理解にむけた諸論点を学ぶ。次いで,それに継続した他の二次文献の購読に進む。 
This year, students will first pick up where they left last year, i.e. reading B.A. Corry, Money, Saving and Investment in English Economics 1800-1850, 1962. This book was published in late 20th century and has influenced classical economic researches greatly. Students will learn about the fact that there are some apparently unreasonable attack on classical researchers by Keynes. Students will also learn various arguments to work towards correct understanding about Ricardo-Malthus debate. After that, students will continue reading other derivative literatures. 
授業計画
Course
Schedule
1. Ch. 4 The Policy Implication of Classical Economics 
2. Ch. 5 Economic Disturbance and the Supply of Money 
3. Ch. 6 Changes in the Demand for money as a Cause of Economic Disturbance 
4. Ch. 7 Discussions of the Savings-Investment Mechanism 
5. Ch. 8 Discussions of the Savings-Investment Mechanism (continued
6. Ch. 9 The Theory of the Economic Effects of Government Expenditure 
7. 他の二次文献の輪読および研究報告 
8. 他の二次文献の輪読および研究報告 
9. 他の二次文献の輪読および研究報告 
10. 他の二次文献の輪読および研究報告 
11. 他の二次文献の輪読および研究報告 
12. 他の二次文献の輪読および研究報告 
13. 他の二次文献の輪読および研究報告 
14. 他の二次文献の輪読および研究報告 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
演習参加者は,テキストの当該箇所で論じられている経済学者,ならびに経済文献について,あらかじめ調べ,テキストでの引用のされ方・意味づけのされ方と,原典の当該箇所とを比較対照しなくてはならない。また基礎的なマクロ経済学の分析道具に慣れること。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
英文テキスト読解(30%) 、研究報告(30%) 、レポート(30%) 、口頭試問(10%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. B.A. Corry  Money, Saving and Investment in English Economics 1800-1850   Macmillan  1962   
その他(Others)
参考文献
Readings
参考文献は演習中に指示します。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
授業では院生への質問を活発に行うので,活発な受講態度が求められる。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP