シラバス参照

科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
KA102/経済学史特論2
(Special Lecture on History of Economic Doctrines 2) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
古典派経済学の原典読解 
担当者 (Instructor) 佐藤 有史(SATO YUJI) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 木曜日(Thu) 4時限(Period 4) 研究室(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ECX5220 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) KA102 



授業の
目標
Course
Objectives
イギリス古典派経済学の原典の読解を通じて,原典の正確な理解に努めるとともに,新たな古典派経済学研究の基礎を固めることを目標とする。 
By reading original classical economic works from UK, students will work to acquire correct understanding about these originals and strengthen foundation of new classical economic research. 
授業の
内容
Course
Contents
前年度は,T.R. Malthus, Principles of Political Economy, 2nd edtion, 1836を読んだ。今年度は,マルサスの原典で取り残した部分の補足をするとともに,リカードウ,マルサスならびにその周辺の19世紀古典派経済学の原書の読解演習を行なう。 
Last year students have read T.R. Malthus, Principles of Political Economy, 2nd edition, 1836. This year, professor will supplement left parts of original Malthus works. Students will also read Ricardo, Malthus, and other relevant 19th century classical economic works. 
授業計画
Course
Schedule
1. イギリス古典派金融理論について 
2. 原典読解 
3. 原典読解 
4. 原典読解 
5. 原典読解 
6. 原典読解 
7. 原典読解 
8. 原典読解 
9. 原典読解 
10. 原典読解 
11. 原典読解 
12. 補足および研究報告 
13. 補足および研究報告 
14. 補足および研究報告 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
19世紀古典派金融理論の原書を読み解くには,デイヴィッド・ヒューム,アダム・スミス,デイヴィッド・リカードウらの金融理論らが展開した議論が当然のように下敷きになっていることを銘記しなくてはならない。また,必要な二次文献については演習中に指示するので,それらについて当たっておくこと。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
英文テクスト読解(30%) 、口頭試問(30%) 、発表(30%) 、レポート(10%)
テキスト
Textbooks
テキストについては,演習中に指示する。
参考文献
Readings
二次文献については演習中に指示する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
演習では院生への質問を活発に行なう予定なので,積極的な受講態度を期待する。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP