シラバス参照

科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/修士論文指導演習
(Master's Thesis) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 物理学専攻全専任教員 
時間割 (Class Schedule) 秋学期他 (Fall Others)    
単位 (Credit) 3単位(3 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
PHY6080 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) LA684 



授業の
目標
Course
Objectives
研究活動を通して,専門知識,技術,および理学的な思考を修得し,問題解決能力を養う。さらには発表能力,および質疑応答能力を身につける。「特別研究(理論)」または「特別研究1〜3(実験)」で得られた研究成果をまとめ,修士論文を書き上げる。 
The aim is to understand the background, purpose, and method of the research of each student. Through research activities, students acquire specialized knowledge, technique, and physical thinking ability, and develop problem-solving ability. Moreover, they will acquire skills for research presentation and response to questions and comments. Students write master theses based on the research results in the course "Special Research (Theory)". 
授業の
内容
Course
Contents
指導教員の指導のもとで,指定された研究課題に取組み,その成果を修士論文としてまとめる。 
Under the guidance of a supervisor, students will determine the research theme of their own. They write master theses based on the research results 
授業計画
Course
Schedule
1. 修士論文課題研究(1) 
2. 修士論文課題研究(2) 
3. 修士論文課題研究(3) 
4. 修士論文課題研究(4) 
5. 修士論文課題研究(5) 
6. 修士論文課題研究(6) 
7. 修士論文課題研究(7) 
8. 修士論文作成(1) 
9. 修士論文作成(2) 
10. 修士論文作成(3) 
11. 修士論文作成(4) 
12. 修士論文作成(5) 
13. 修士論文作成(6) 
14. 修士論文作成(7) 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
「特別研究(理論)」または「特別研究1〜3(実験)」で得られた研究成果を精査してとりまとめ, 修士論文を作成,提出する。修士論文に関する最終試験(口頭発表)を行う。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
修士論文,最終研究発表および研究活動などの状況により総合的に判断する(100%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP