シラバス参照

科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
ND126/刑法特論
(Criminal Law 2) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 小林 憲太郎(KOBAYASHI KENTARO) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 月曜日(Mon) 5時限(Period 5) 6407(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
LAP5310 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) ND126 



授業の
目標
Course
Objectives
ドイツ刑法学の基礎理論の修得。 
The objective of this course is to learn the fundamental theories in the study of German Criminal Law. 
授業の
内容
Course
Contents
ドイツ刑法学の基本的な文献を精読することにより,その基礎理論を修得することを目指す。
具体的には,近現代の刑法学史においてターニングポイントを形成した理論家の代表的な著作を予定している。一例をあげると(邦語で表記する),
 フランツ・フォン・リスト『刑法』
 ハンス・ヴェルツェル『ドイツ刑法』
 クラウス・ロクシン『刑法総論』
などである。
いずれも,本質的に異なる発想に基づく刑法体系を展開しているが,わが国における刑法解釈学に対する影響は甚大である。 
The goal is to learn the fundamental theories through a careful reading of the fundamental literature within the study of German Criminal Law.
Specifically, the course plans to cover the major works by theorists who established the turning points within the modern day history of the study of Criminal Law. Examples include (written in English),
 “Criminal Law” by Franz von Liszt
 “German Criminal Law” by Hans Welzel
 “Criminal Law General Provisions” by Claus Roxin.

All of the authors develop systems of Criminal Law based on ideas which are essentially different, but they have an enormous impact on Criminal Law hermeneutics in Japan. 
授業計画
Course
Schedule
1. リスト教科書の輪読 
2. リスト教科書の輪読 
3. ベーリング教科書の輪読 
4. ベーリング教科書の輪読 
5. ヴェルツェル教科書の輪読 
6. ヴェルツェル教科書の輪読 
7. ヴェルツェル教科書の輪読 
8. ヘーゲル学派の教科書の輪読 
9. ヘーゲル学派の教科書の輪読 
10. 新カント学派の教科書の輪読 
11. 新カント学派の教科書の輪読 
12. ロクシン教科書の輪読 
13. ロクシン教科書の輪読 
14. ロクシン教科書の輪読 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
輪読形式であるため、報告者以外の受講生も事前に指定文献の指定箇所を熟読してくること。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
出席態度(40%) 、報告内容(30%) 、議論における積極性(30%)
テキスト
Textbooks
「授業の内容」に掲げたドイツ刑法学に関する文献
参考文献
Readings
「テキスト」と同じ
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP