シラバス参照

科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
ND138/法社会学特論
(Sociology of Law 2) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
交渉学 
担当者 (Instructor) 濱野 亮(HAMANO RYO) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 火曜日(Tue) 2時限(Period 2) X303(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
LAP5010 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) ND138 



授業の
目標
Course
Objectives
交渉学に関する入門書を日本語訳で精読し,交渉学の基本的な知識と視角を得る。関連文献を各自で渉猟し,理解を深める。得た知識をロールプレーにより実践し、基本的スキルを知る。 
The objectives of this course are to carefully read the Japanese translation of an introductory book on the study of negotiation and to obtain fundamental knowledge and perspectives on the study of negotiation. Students will read related literature on their own to deepen their understanding. Students will practice applying the knowledge they have obtained through role-playing to understand the fundamental skills of negotiation. 
授業の
内容
Course
Contents
交渉学は,法律学・法社会学・政治学・経済学・経営学・心理学・文化人類学などと関わる総合的学問である。また,法律家やビジネスマンにとって必須の知識とスキルを提供する。一般市民にとっても有益な知識が得られる。
本特殊講義は,法交渉学の教科書を精読し,報告・討論する.交渉に関するロールプレーも行う。 
Negotiation is a comprehensive discipline which involves Law, Sociology of Law, Political Science, Economics, Business Management, Psychology, Cultural Anthropology, etc. Moreover, it provides knowledge and skills which are essential to lawyers and businessmen. Ordinary citizens can also obtain useful knowledge from negotiation.
In this special lecture, students will carefully read a textbook on legal negotiation, which will be used to present reports, engage in debates, and conduct negotiation role-playing. 
授業計画
Course
Schedule
1. 導入 
2. 分配型交渉 
3. 統合型交渉 
4. 分配型交渉と統合型交渉の調和 
5. 交渉の経済学 
6. 交渉の心理学 
7. 交渉の社会学 
8. ロール・プレー(1) 
9. ロール・プレー(2) 
10. ロール・プレーの総括 
11. 交渉と弁護士 
12. 交渉と民事紛争解決制度 
13. 交渉学と調停 
14. レポートの報告会,まとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
テキストを精読して予習し、要約を授業で報告する。関連文献を調べ読む。ロールプレーにあたって,提示された事実関係について,関係する法令,判例をリサーチし,交渉プランニングをメモとして準備する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
最終レポート(Final Report)(30%) 、授業への貢献度(70%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 小林秀之編  『交渉の作法─法交渉学入門』   弘文堂  2012  978-4-335-35534-9 
その他(Others)
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. レビスキーほか  『交渉力』   日本経済新聞出版社  2011  978-4532605148 
2. Lewicki et al.  Essentials of Negotiation 6th edition   McGraw-Hill International  2016  978-981-4577-27-4 
3. 名古屋ロイヤリング研究会編  『実務ロイヤリング講義 第2版』   民事法研究会  2009  978-4-89628-508-6 
4. 日本弁護士連合会法科大学院センターローヤリング研究会編  『法的交渉の技法と実践』   民事法研究会  2016  978-4-86556-106-7 
5. ラックスほか  『最新ハーバード流3D交渉術』   阪急コミュニケーションズ  2007  978-4-484-07106-0 
6. Robert Mnookin, et al.  Beyond Wining   Belknap Press   2004  978-0674012318 
7. 加藤新太郎編著  『リーガル・ネゴシエーション』   弘文堂  2004  978-4335301223 
その他(Others)
授業中に適宜指示する.
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP