シラバス参照

科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/関連分野研究指導(宇宙地球系物理学)
(Research in Cosmic Rays and Planetary Physics) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
高エネルギー天文学・宇宙線物理学 
担当者 (Instructor) 内山 泰伸(UCHIYAMA YASUNOBU) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期他 (Fall Others)    
単位 (Credit)  
科目ナンバリング
(Course Number)
PHY7083 
使用言語
(Language)
その他
(Others) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) RA154 



授業の
目標
Course
Objectives
指導教員(及び副指導教員)の指導のもと,研究計画に基づいて研究を行い,学会発表や学術論文等の出版を通して研究者としての力量を身につけ,博士学位論文につながる研究成果をまとめる。 
 
授業の
内容
Course
Contents
研究テーマの検討と選定をおこない,先行研究の検討を元に,理論系においては創造性のある理論構築や考察を,実験系においては,新規性のある実験や観測の提案と実施,さらに解析・考察を行う。指導教員は各自の研究に関する指導・助言を行う。また,安全教育及び研究倫理を学び,実践する。 
 
授業計画
Course
Schedule
研究分野の幅広い研究内容を修得しつつ,先行研究に関する検討,研究方法についての検討等を行い,研究テーマの検討・絞り込みと全体計画を策定する。 また,関連する輪講等に聴講参加し,指導教員に加えて,副指導教員,前期課程,後期課程の学生等と議論を行う。また研究進捗状況について定期的報告を行い,研究報告の技法を修得しつつ,副指導教員,関連分野教員からの研究に対する助言を受ける。この研究進捗状況については半期ごとに報告書も提出する。最終的に指導教員の指導・助言のもとに博士学位論文をまとめる。博士学位論文提出前には,予備審査を受けなければならない。 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
各自の研究テーマに関連する先行研究等の収集,考察,実験,論文の執筆。
輪講での報告の準備と,報告で得られたコメントに対する対応の調査検討。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
総合評価(100%)
備考(Notes)
受講者が半期ごとに提出する研究業績報告書,および報告会の内容や研究に向かう姿勢等で総合的に評価する。
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP