シラバス参照

科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
TX914/研究指導
(Guidance in Preparing a Doctor's Thesis) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
刑法 
担当者 (Instructor) 小林 憲太郎(KOBAYASHI KENTARO) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期他 (Fall Others)    
単位 (Credit)  
科目ナンバリング
(Course Number)
LAP7950 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) TX914 



授業の
目標
Course
Objectives
受講者が各自の専門分野と研究関心に沿って研究計画を立て、研究を推進し、最終的に博士論文を完成させること。 
授業の
内容
Course
Contents
受講者は指導教員に対し、自らの研究の関心と希望する研究の方向性について説明する。教員は時間的・資料的側面や、理論の当否、先行研究の有無や内容等を勘案して、計画の実現可能性を総合的に判断し、受講者に研究計画の修正を求める。この手順を反復して行うことで、受講者の研究計画を改善してゆく。また、研究計画が一定の内容に達した場合は、指導教員は論文の執筆を促し、学術誌への投稿なども助言し、最終的には博士論文の完成に到る。 
授業計画
Course
Schedule
受講者は学期始めにおいて研究計画を指導教員に示し、助言を受ける。その後、指導教員との相談に基づいて研究を進め、受講の際に研究の進捗状況について教員に説明する。学期の終わりにおいては指導教員は指導の実績を踏まえて受講者の研究の進展について総括する。 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
受講者は授業時間外にそれぞれ論文作成のための資料収集や分析、先行研究の精査などの作業を進める必要がある。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
研究成果の報告(100%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP